Top / 乳海巡るアヴァターラ -アムリタ奪還戦- ストーリー
HTML convert time: 0.019 sec.

※○○にはユーザー名が入ります。

インド魔宮1.jpg

「どこに消えてしまったんだろうな」

インド魔宮の片隅で、一人思考するブラフマー様。
その傍らには太陽神、スーリヤ様が佇んでいる。

「ブラフマー……この倉庫にだけ隠していたのよね?」
「ああ。けれど、さっきも教えたとおりだ」

ブラフマー様は来た道を振り返る。
ここは前述のとおり、インド魔宮の片隅。
普段インド魔宮を利用するにあたり、訪れる必要はない場所だ。
そして、ここに至るまでの道のりは細い通路となっており、
その通路もまた、封印術によって固く閉ざされ、隠されていた。

「うかつだったよ。しかし、起きたことは仕方がない…散ったアムリタのしずくを集めなければ」


寸刻前。ブラフマー様は仮面を通して、一体の不審な動きをするナーガを発見した。

様子を見ていると、するするとインド魔宮の奥へと進んでいき、例の封印された通路の前に立つ。
その場にはなんと、おびただしい数のナーガと、ナーガを引き連れた魔神カーリヤの姿があった。

「! これはいけない」
すぐにブラフマー様は、たまたま傍にいたスーリヤ様を引き連れ、封印された通路へと向かう。
通路に訪れたときはすでに封印が破られていたようだったが、まだ中にあるものは持ち去られていないらしかった。

「ブラフマー、この通路の中って確か一本道だったわよね?」
「ああ、そうだね。だから幾分、倒しやすいかとは思うんだ」

ナーガ自体は大した脅威ではない。
問題はその奥にいるカーリヤだ。
幸いにも、通路奥の部屋の出口は入口と同じ、細い通路のみである。
ブラフマー様とスーリヤ様は二人でここを封鎖したあと、中に侵入し潜んでいる魔神を倒す算段のようだ。

細い通路の先にある小さな一室。
窓もなく、明かりもない暗い部屋の中心部に、厳重に蓋をされた壺が鎮座している。
これはかつて、インドの神様が手に入れたアムリタと呼ばれる霊薬で、飲めば不老不死の力などを得るものらしい。
カーリヤはこれを狙って動いたと見られるため、逃がすわけにはいかない。

カーリヤはもともとクリシュナ様を封印していたが、○○により討伐されそれ以来姿を見せなかった魔神だ。
しかし、それが時間の乱れにより復活しインド地域に再び出現したとみられる。

「さすがに、アムリタの入っている壺を開けられることはないと思うが……」
「飲まれちゃったらまずいものだものね。大丈夫よ!さっさと片付けちゃいましょ」

ブラフマー様とスーリヤ様は小部屋に駆け込んだ。


二人の戦いぶりは鮮やかで、カーリヤを含むナーガたちをあっという間に殲滅する。

「大した相手じゃなくてよかったよ。戦闘には自信がないからね…」
「何言ってんのよ。ブラフマーの仮面から出るビーム?何度見てもすごい迫力だわ!」

お互いの健闘を称えあい、アムリタの様子を伺う。

「壺自体は問題なく残っているみたいだな……ん?」

暗い部屋でよく目を凝らし壺の様子を眺めると、なんと壺がかたかたと動いている。
そしてそのまま、蓋についていた封印を破り、中に入っていたアムリタはあっという間に外へと飛び出してしまった。

「ど、どういうこと?!アムリタって勝手に動くようなものだったかしら」
「いや、そんなはずは……。しかし、アムリタが逃げて行ったのは事実だ」
「逃げて行った……近くで戦闘してしまったから?」
「理由はわからないが、追いかけて集めなければならないのは間違いなさそうだ……」

突然のことにあっけにとられる二人。
ひとまずインドの神々を集め、事態の共有をすることに決める。

それから今に至る。


一方、インド魔宮のとある一角ではシヴァ様とクリシュナ様が何かを察知していた。

「クリシュナ。何かを感じはしないか?」
「今さっきかな。何か、力が散っていったような……穏やかじゃない気配も感じるよ」
「やはりか。この気を感じるのは我だけではなかったようだ」

二人は力が去って行ったであろう方向を見据える。

「シヴァ。かすかだけど、神の気配も感じるよ」
「なるほど、そういうことか。乳海攪拌のときのように、またややこしい事態に陥っては大変だな」

シヴァ様はふぅっと一息吐き、つぶやいた。


乳海.jpg

インド地域内に突如出現した乳海。
まだ海と言うには面積が狭いものの、
インドの一角では辺り一面が淡色の力を宿した液体で満たされていた。

「乳海がこのまま広がって行けば、乳海攪拌の時のような創造が行われかねんな」

冷静に状況を読み、考察するヴィシュヌ様は、目の前に広がる乳海を見てつぶやく。

「キラキラがいっぱいあるよー!ほら!」
「本当だわ!ガネーシャったらよく見つけるわね」
「ふふふ、すごいでしょ!アムリタのしずくって、光ってるから見つけやすいよ」

スーリヤ様とガネーシャ様は、この乳海付近でアムリタのしずくを回収している。
このアムリタのしずくが時空の乱れに繋がっている可能性があるため、
魔神退治はインドラ様、ハヌマーン様などの神々に任せ、集め次第インド魔宮に運ぶ手はずとなっている。

「乳海ってのは魔神がワンサカ出てくんのか?」
「さぁ、それがどうなのかはよくわかりませんが…まぁ、面倒ッスね」

戦い好きのインドラ様はともかくとして、ハヌマーン様は終わりの見えない戦いに辟易しつつあるようだ。
とはいいつつも、二人の動きは全く衰えず、魔神へ的確に攻撃を繰り出している。

「乳海って不思議な色ね~、遠くから見たらピンク色に見えたけど、掬ってみたら白くて虹色なの」
「飲んだらおいしいのかしら!気になるわー!」
「ラクシュミー、アラクシュミー。触れるなと言っていだろう」
「大丈夫!葉っぱで掬っただけだもの」

ラクシュミー様、アラクシュミー様は目の前に広がる乳海に興味津々な様子だ。
ヴィシュヌ様が軽く釘を刺すも、二人の目線はやはり乳海に釘づけとなっている。

『ヴィシュヌ、海岸の魔神は粗方倒したみたいだ。そちらで戦闘があるなら、僕らはそちらへ行くよ』
インド海岸からヴィシュヌ様に連絡を取るクリシュナ様。
クリシュナ様は、他の神々と同様にインド海岸に出現していた魔神を倒し、アムリタのしずくを回収していた。

「わかった。それならこちらへ来てくれ、魔神を倒しているが乳海の力が作用しているのかきりがない」
『了解。すぐに向かうよ』
『ヴィシュヌ!オレらもそっち行った方がいい?』

インド大河で魔神と戦っていたラーマ様からも連絡が届く。

「来てくれれば助かるが、そちらの様子は問題ないのか」
『平気平気!カーマやガンガー達も手伝ってくれたから結構片付いたぜ!』
「そうか、ではクリシュナ同様こちらに来てくれ」
『了解!すぐ駆け付けるぜ!』

「ヴィシュヌ、今なんかやり取りしてただろ!何の話だ?」
「クリシュナとラーマ達が援軍をこちらによこしてくれる。大河と海岸は粗方片付いたらしい」
「それならありがたいッスね。結構数多いんで、相手するの大変だったんスよ」

ヴィシュヌ様らは援軍の到着を待ちつつ、乳海の調査や魔神の討伐を引き続き行うこととなった。
……その傍らでは、あやしい動きをするカーラネミ様。
どうやらアムリタのしずくを回収し、実験する野望を捨てきれていないようだ。
しかし……。

「ねぇ壺ちゃん、これ……アムリタのしずくじゃないか?やっと運が回ってきたよ!」
「カーラネミちゃーん!なにしてるの~」
「後ろから声をかけるだなんて不躾だね。私はこれ……アムリタのしずくを回収していたんだ」
「すっごーい!アムリタのしずくを手に入れるなんて!あたし転んだりしていつも落としちゃうからー!」

カーラネミ様に話しかけるのはラクシュミー様、アラクシュミー様だ。
この二人には特にカーラネミ様に話しかける深い意図などないのだろうが、
結果的にカーラネミ様の実験を遅らせているようだ。
次第に、その様子にヴィシュヌ様が気付く。

「カーラネミよ。それはアムリタのしずくだな」
「あぁ見つかってしまった!だめだよ、これは壺ちゃんに入れて実験する用なんだ」
「残念だが、それを許すわけにはいかんな。返してもらおう」

創造神相手に分が悪いカーラネミ様。
あっという間に、ようやく手に入れた実験材料を手放すこととなってしまった。

「ぐぬぬ……タマゴの殻のときといい、残念だよ!よし壺ちゃん。次も見つけてやろう!」

やはり、まだ懲りていない様子だ。


インド魔宮1.jpg

一方、シヴァ様やブラフマー様らの待機するインド魔宮。
インド魔宮ではどうやらアムリタを封じていた壺の再生を試みているようだ。

「この新しい蓋に術式を施して……これで問題はないはずだ」
「ブラフマーの創造の力は見ていて飽きないな。我もこの力に感謝している」
「創造と破壊は一対の関係にあるものだからね。そういってもらえて私も嬉しい」

インド魔宮は静まり返っている様子だ。
魔神の出現も今のところはない。
インド魔宮で待機するヤマ様、ヴィヴァスヴァット様、パールヴァティー様らが退屈を感じ始めた頃。

「魔神が出現する様子も見られないな。私はもう冥界へ戻っても構わんだろう」
「いや、事態が収まるまで待ってくれないか?こう静まりかえっていてもこれから何が起こるかわからないからな」
「うーん、でも待機してるばっかりじゃつまらないわ。何かして待っていたいけど……」
「……待て。なにかが這いずる音が聞こえはしないか?」
「這いずる音……まさか」

シヴァ様の言う通りに息をひそめ、音に神経を集中する神々。
確かにずるずると這いずるような音が近づいてきていることがわかる。

「シヴァ、この音って……もしかして、魔神かしら?」
「その可能性が高いな。やはり警戒するに越したことはない」
「私も仮面で様子を観察しておこう。ヴィシュヌ達も、魔神の群れに苦戦しているみたいだ」

ブラフマー様がそっと仮面の一つを宙に漂わせ、その仮面から送られてきた情報をもとにインド魔宮の様子を偵察する。

「あぁ、なるほどね……これはそれなりの数がいるよ」
「それなりとは何体くらいだ?」
「自分の目で確かめた方が早いかもしれない。想像以上に近くまで迫って来ていたよ」

ブラフマー様、シヴァ様は音の出どころであろう通路の曲がり角を見遣る。
ざわざわといやな雰囲気が漂い始め、この曲がり角の先には間違いなく魔神が潜んでいることを確信する。

「気を引き締めよう。ここを任されているからには、私達も全力を尽くさねばね」
「その通りだな。我も戦いたいと思っていたところだ。都合がいい」

ところで、ヤマ様の罠の再設置を手伝うこととなったヴァーユ様とダスラ様だが、
少々シヴァ様らから離れた位置にいるため声を聞き取ることができないようだ。

「ねぇヤマ。今どういった状況なの?共有してくれる?」
「こっちからだと何が起きているのか読めないんでね。何か話してるようだけど」
「なんだ。作業は完了したのか。していないのであれば、手は休めるな」
「これは時間のかかるものなんだろ。それなら、少しくらい共有してもらわないととっさのとき困るんだけど」
「それほど大した問題ではない。魔神が出現したらしい」
「魔神が?はぁ……また面倒なことになってきたなぁ」

ヴァーユ様とダスラ様は結局、罠の再設置だけでなく罠の増加についても手伝う羽目になってしまったようだ。


乳海.jpg

その頃、ヴィシュヌ様らもまた魔神と対峙していた。
この事件が起きる引き金となった魔神、カーリヤ。
それに加え何体もの魔神が出現しているのである。

「やはり、応援を呼んで正解だったな」
「そうね……結構な数居るわ。これもあの乳海の力なのかしら」
「乳海には、まだ僕らも知らない不思議な力があるはずだよ」

ヴィシュヌ様とスーリヤ様が会話を交わすすぐ後ろに、気配もなくチャンドラ様が立ち、声をかける。
これにはさすがにスーリヤ様も驚いて飛び跳ね、ヴィシュヌ様は目を丸くする。

「び、びっくりした!驚かせないでよ」
「ごめんね。そんなに驚かれるなんて思ってなかったんだ」

チャンドラ様はすっと懐から何か光り輝くものを取り出す。

「わぁ~キラキラできれーい!」
「本当だわ!これ、アムリタのしずく?」
「ラッキーね!」
「そうだろうね。道中で見つけたんだ」

いつの間にか傍にいたガネーシャ様、ラクシュミー様、アラクシュミー様。
三人が共に、アムリタのしずくに興味津々なようだ。

「あっ!チャンドラ、それはアムリタのしずくじゃないか?!」
「カーラネミ、きみはこのアムリタのしずくで実験をしようとしているんだね」
「もちろん!この不思議な物体は神の力を凝縮した未知の素材だ。壺ちゃんに入れたらどんな反応が起きるか……」
「けど、それは残念ながら許すことはできないね」
「チャンドラ、これは崇高な実験だよ。これさえ成功すれば、私達は時間を……」
「どうだろう?僕から見たら、きみは実験が成功することを本当に望んでいるのかわからないもの」

カーラネミ様とチャンドラ様がやり取りをしている間に、インド大河やインド海岸から神々が駆け付ける。

「間に合ったみたいだね。もう魔神を討伐し終わっているんじゃないかと思ったけど……」
「お待たせ!乳海ってこんな景色なのね、ピンク色の湖なんて幻想的だわ」
「インドラ、魔神が尽きないってのは本当か?」
「あー……本当に乳海だ!なんでこんなことになってるんだろう」
「クリシュナにナーサティア……アグニとヴァルナもいるじゃねぇか!」
「ダスラったら先帰っちゃったんでしょ?仕方ないんだから!ここはアタシに任せておいて!」
「魔神どもは俺一人で片づけちまおうかと思ってたところだぜ!」

「よーし、到着!ハヌマーンとガネーシャ、大丈夫そう?こんな景色があるなんて、マジびっくりしたぜ」
「だな。ガネーシャ、魔神がたくさん出現しているって聞いて飛んで来たぜ」
「アビルーパお疲れ様。戦いの力になれるかわからないけど……俺達も頑張るよ」
「カーマとヴァサンタったら、助けに行くって聞かなかったのよ。だからアタシも頑張るわ!」
「あ、ラーマさん。ラーマさんがこっちに来てるってことはシーター達も大丈夫そうッスね」
「わー、カーマとヴァサンタとラティだ!みんな揃うとなんだかわくわくするね!」

次々と駆け付ける神々のお陰で場の士気が一気に上がる。
魔神を討伐し、この広がりつつある乳海をあるべき姿へと戻すため、
インド地域の神々は一致団結する。

「ここでの戦いはこの事件の解決に大きくかかわることだろう。皆、心してかかるように」

神々の眼前には淡色の乳海と、次々と出現する魔神達。
神の霊薬アムリタ。この不思議な霊薬を取り返し、再び封印するため、
インド地域の神々は魔神のもとへと駆け出す。