Top / 追跡!砂漠の粘土人形エリアデータ
HTML convert time: 0.170 sec.

追跡!砂漠の粘土人形エリアデータ

Last-modified: 2016-04-10 (日) 20:00:45

ほとんどなにもわかっていませんが、作っておかないと迷子になる気がしたので。エリアデータはこちら。必要項目が足りない可能性があります。改変よろしくお願いします。(nameless)

[添付ファイル一覧] [全ページの添付ファイル一覧]
アップロード可能最大ファイルサイズは 8,192KB です。

※歩くたびに消費行動力、経験値、ジェムが変動してるようなので、その辺のデータは参考程度に。

※ エリア進行中のメッセージに抜け、間違いがあればコメント、訂正お願いします。

第五章の ピラミッドに潜む怪獣 マフート 撃破時のメッセージの情報を募集しております

情報提供等

わからないことが多すぎるのとデータ量がすごい予感しかないので是非ご協力を。
編集がわからないけど画像がある方はアップロードして画像名を他情報と一緒に添えてください。

コメント:
  • ↓マフート撃破メッセージ。携帯からなので行間とか分かりにくくてすみません。 -- 2016-04-06 (水) 23:59:18
  • 問題なく討伐する事が出来た。 -- 2016-04-06 (水) 23:57:30
  • (行間)意表を突かれたが、こちらの方が数は上。 -- 2016-04-06 (水) 23:56:52
  • その行動による音であったらしい。 -- 2016-04-06 (水) 23:55:39
  • (行間)先ほどの這いずる音は -- 2016-04-06 (水) 23:55:06
  • 首を長く伸ばすことができるようだ。 -- 2016-04-06 (水) 23:54:27
  • マフートはどうやらヘビのように -- 2016-04-06 (水) 23:53:56

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照


[添付ファイル一覧] [全ページの添付ファイル一覧]
アップロード可能最大ファイルサイズは 8,192KB です。

プロローグ~第1章 

【追跡!砂漠の粘土人形】画像行動経験ジェムその他
【追跡!砂漠の粘土人形】エジプトピラミッド1.jpg-3+3~6+3~30--
-6+6~9+6~60
-8+8~12+8~80
-9+9~13+9~90
-10+10~15+10~100
-11+11~16+11~110
-12+12~18+12~120
-13+13~19+13~130
-14+14~21+14~140
-15+15~22+15~150
-16+16~24+16~160
【追跡その一 粘土人形とは?】エジプトピラミッド1.jpg
エジプトピラミッド2.jpg
-6+6~9+6~60--
-8+8~12+8~80
-9+9~13+9~90
-10+10~15+10~100
-11+11~16+11~110
-12+12~18+12~120
-13+13~19+13~130
-14+14~21+14~140
-15+15~22+15~150
-16+16~24+16~160

第1章 台詞

  • 【追跡!砂漠の粘土人形】
    神々の要請に応え、つい先程ナビィと共にエジプトピラミッドに到着したところだ。
    ナビィ「エジプトピラミッド内で粘土像が逃げているとお聞きしたのですが、それを集めればいいんですよね!」
    ハピ「そういうことみたいだね。早く片付けないと…ナイル川のことも放っておけないし」
    ハトホル「ホンットハピって真面目だよねー!」
    モンチュ「そこがハピちゃんの良い所よね~、アタシ達も見習わなきゃいけない所いっぱいあるわぁ」
    ハトホル「うんうん!まー、いっつも遊んでるわけじゃないけど!」
    ネイト「クヌムの力が散らばっているのだろう。ヘケトと早いうちに合流したほうがよさそうだ」
    クヌム「皆手伝わせちゃってごめんねぇ」
    クヌム「ヘケトは走って行っちゃったからなぁ…エジプトピラミッドの中って複雑だし、探しに行くなら早く行った方がいいかも」
    モンチュ「エジプトピラミッドって一口に言っても、奥深~くなっていくと魔神とか出ちゃって危ないじゃない?女の子一人っていうのは流石に心配だわ!」
    ハピ「他に協力を仰げそうな神がいたら頼もう。ここのメンバーとヘケトだけじゃ集めるのには人数不足かもしれない」
    ネイト「ああ、そうだな」
    クヌム「逃げちゃった粘土、像としてあまり形が出来上がってないんだ。一見お団子に見えるかも?」
    ナビィ「見逃してしまいそうですね…」
    クヌム「目立つのは大きな塊の粘土だけど、こまごました欠片や小さい像も逃げちゃったんだ…ヘケトにあげようと思ってたんだけどなぁ」
    ネイト「クヌムの持っている力をよく覚えておく必要があるな。それを辿ろう」
    クヌム「ヘケトもたぶん、それがわかるから追いかけられるんだろうなぁって。すごいなぁ」
    ハトホル「なんか難しい話してない?アタシその…持ってる力がどうとかよくわかんないよー」
    モンチュ「ハトホル、こういうのって勘も大事よ!乙女の勘を信じるのよっ!」
    ナビィ「蜃気楼の塔でも、神様の力を頼りにどちらが幻影なのかを判断するんです~!ナビィでも何となくわかることなので、ハトホル様ならバッチリわかると思いますよ!」
    ハトホル「んー、じゃあアタシもその…力を辿る?ってやつやってみる!」
    ハピ「ハトホルって結構勘いいから問題なくやれると思う」
    モンチュ「わかるわ~、おじさまセンサーとかバッチリだもの!」
    モンチュ「あ!そうそう。アタシ達脱走した粘土像をちっちゃい子だったけど見かけてるの。その子はあっちに逃げて行っちゃったわ」
    ハピ「よく見てるね…」
    モンチュ「だって可愛かったんだもの~!捕まえてギュッとしたかったくらいだわ!こんな感じにっ」
    ハトホル「それじゃ粘土だからつぶれちゃわない?まぁ、モンチュにギュッてされたらみんなつぶれると思うけど!」
    ネイト「その粘土像を追いかけてもよさそうだな。どうする?人数がちょうど良い。二手にでも三手にでも分かれて構わないが」
    ナビィ「そうですね、散らばってるのを集めるなら別れた方が良いかもしれないです!」
    クヌム「んーと…じゃあ俺はヘケトの走って行った方向にいくよ」
    ネイト「では私もそちらにつくとしようか」
    ハトホル「じゃあアタシは粘土像を探してみるよー!」
    組み分けを決め行動に移す神様ら。モンチュ様、ハピ様、ハトホル様は先ほど見かけた粘土像を追い、クヌム様、ネイト様、そして自分とナビィはヘケト様の向かった方向に進むこととなった。
  • 【追跡その一 粘土人形とは?】
    ヘケト様を追い、エジプトピラミッドの奥へ進んでいく一向。
    エジプトピラミッドの奥に進んでいくにつれ、日中であっても薄暗く時間感覚を失いそうな空間となっていく。
    クヌム「足元に気を付けてね。ちょっと薄暗いから、躓いちゃわないように」
    ナビィ「はい~!」
    ネイト「エジプトの神であっても時折迷うことがあるからな」
    エジプトピラミッドの内部は、他の地域にある施設……インド魔宮などとはまた雰囲気が違う。
    長く続く廊下の端に灯る、明かりの火がゆらゆらと揺れる光景は不気味にも幻想的にも思える。
    ???「……あ!みなさん、どうかしたのですか?」
    ナビィ「トト様、マアト様~!こんにちは!」
    クヌム「うーんとね…色々あって探し物してるんだ」
    トト「クヌムさん、それってもしかして…」
    マアト「これ、だったりしますか?」
    ネイト「…粘土像だな」
    クヌム「あ!本当だー、すごいなぁ。捕まえてくれたんだ」
    マアト様の手の中には小さな粘土像が収まっていた。多少動いているようだが、マアト様がしっかりと捕まえているため逃げ出せずにいる様子。
    マアト「さっきトトちゃんと歩いてたら見かけたの。かわいいから捕まえてみたら、粘土像で…」
    トト「クヌムさんはよく粘土像を逃がしますからね。もしかして、と思って」
    クヌム「ありがとう、助かったよ。この子はじゃあ俺が預かるね」
    マアト「はい!元の場所に戻しておいてあげてください」
    ネイト「また逃がさないようにな」
    マアト様がクヌム様に粘土像を手渡す。クヌム様は小さな粘土像を逃がさないよう、掌で包み込む。
    クヌム「よーしよし、いい子いい子~…ふふっ、遊びたい盛りなんだね」
    ネイト「ヘケトを早く見つけて力を調節してもらおう。粘土に必要以上に力が宿りすぎているんだ」
    マアト「粘土に力が宿りすぎると悪いことがあるんですか?」
    ネイト「基本的には暴走の原因に繋がる。勝手に動き回ったりするだけならともかく、暴れることもあるだろう」
    クヌム「危ないんだね。でも暴れても粘土は粘土だよ?」
    ナビィ「押しつぶされたら危ないですよ~!」
    クヌム「…あっ!確かに。危ないね」
    ネイト「宿した力が器となった粘土の許容範囲を超えると突然爆発したりすることも考えられるな」
    マアト「それは…危ないですね!可愛い顔だったから油断してた…」
    クヌム「へえー…爆発するんだ!ネイトって物知りだなぁ」
    ネイト「お前の作り出すものだろう。もう少し力の制御に関心を持ってほしいものだ」
    トト「重要な事ですからメモしておく必要がありますね。粘土像を見かけたら、とりあえず確保しておく…しかし爆発の可能性もあるので用心…(カキカキ)」
    マアト「爆発するかしないかの判断ってできるのかな…そうじゃないとうかつに触れないですよね」
    ネイト「先程言った通り、爆発する可能性があるのは粘土の許容範囲を超えているものだろう」
    ネイト「明らかに動きがおかしかったり、神の力が駄々漏れていたりするものは注意したほうがいい。その力に引き寄せられ、付近に魔神も潜んでいる可能性もある」
    クヌム「とにかく、状況を見て判断しろってことかな?ヘケトが焦ってた理由も何となくわかって来たかも」
    ナビィ「クヌム様、マイペースです~!」
    マアト「あたしとトトちゃんも、もっと粘土像を探してみます!どこかに隠れているかもしれないし…」
    トト「エジプトピラミッドは暗いですからね。よく目を凝らして探さないと」
    マアト「あ!そうだ。粘土がエジプトピラミッドから外に出て行かないよう父に見張っててもらえるかも」
    ネイト「ラーが?頼めるなら願いたいところだが…今はゲブと共にナイル川の管理を頼んでしまっている」
    トト「それだと頼みにくいですね。見張り役はそれ一つに集中してやってもらった方が良いと思います」
    マアト「じゃあ、父ではなくてアテンさんとか?アテンさんも太陽の神様だから、空から見てくれるんじゃないかな」
    クヌム「確かに、アテンは色んな所をよく見てるよね。手もたくさんあるからすぐに粘土を捕まえてくれそうだし…」
    トト「それなら私とマアトで粘土像探しのついでにアテンを探してみます」
    クヌム「トトとマアトは頼もしいなぁ。それじゃあお願いするね。俺達も早くヘケトと合流したいよね」
    ナビィ「そうですね~…この辺りならまだ、魔神も強くないのですが」
    トト「ヘケトさんには私達も会ってないですね。私達はこっちの道から来たので、あちらの道に入ったのかもしれません」
    クヌム「うーん、かもしれないね。ありがとう、そっち行ってみる」
    トト様の指さす方を見遣ると道が二手に分かれていた。トト様いわく、ヘケト様はトト様とマアト様の来た方向とは違う道へ入ったのではとのことであった。
    マアト「エジプトピラミッドは入り組んでますからね…あたしもいまだに道を間違えちゃうもの」
    ネイト「お前やナビィは特に注意したほうがいいだろう。エジプトの神より歩きなれていないだろうからな」
    ネイト様の指摘通り、エジプトピラミッドの景観はどこも似ており、外の様子もわからないため一人でぐるぐると奥地を巡る勇気はない。
    ネイト「トトの指す道へ進み、様子を見よう。場合によってはモンチュ達とも合流するかもしれない」
    クヌム「うん。道が入り組んでるから色んな道と繋がるんだよね」
    一行は一旦トトとマアトと別れ、先を急ぐこととなった。奥に進んで行くにつれ、辺りに立ち込める空気も張りつめていく。
  • (ここでエリア背景変化)
    足元にも気を配りつつ、粘土像が入り込んでいそうな隙間をくまなく探す。ちょうど明かりの影となり、見えにくくなっている個所も多い。
    しんと静まり返った廊下が続いている中、クヌム様が潜んでいるかもしれない粘土像に対して声をかける。
    クヌム「どこいっちゃったのー、早く帰っておいでー」
    ネイト「……」
    ナビィ「クヌム様の声が廊下に反響していますね~!」
    ネイト「……ん?そちらから物音がしたが」
    クヌム「物音?粘土像じゃない?呼びかけに答えてくれたんだよ」
    ネイト「いや、魔神の可能性もあり得る。慎重に進もう」
    ネイト様の目線の先には一段と暗い廊下が続いている。こちらの方が明るいからか、その暗さは一層深みを増しているようだ。
    クヌム「あれ、あっちからも足音がしない?」
    ナビィ「こっちは…また別の道ですね。足音ということは神様でしょうか?」
    ネイト「呼びかけてみてはどうだろう」
    クヌム「んーと…あれはプタハとセルケトだよ」
    ナビィ「へ?!ナビィはさっぱりなのですが…」
    クヌム「ハイヒールとサンダルの音、あとシルエットで体形がわかるからね。おーい」
    クヌム様が手を振りながら、足音がした方向に声をかける。その声に気が付いたのか、足音はこちらへ向かってきて次第にその姿が明らかとなっていく。
    プタハ「誰かと思えばクヌムの声でしたか。みなさんで集まって何かあったのでしょうか」
    ナビィ「プタハ様、セルケト様!お邪魔しています~」
    ネイト「何があったかはクヌムから聞くといい」
    クヌム「えーっと…簡単に言うと、俺の力を宿した粘土があちこちに逃げて行っちゃったんだよね」
    セルケト「クヌムの?ヘケトの調整はいれてないのかしら」
    クヌム「うん」
    クヌム「寝てる最中に逃げちゃったんだよねぇ…全然気づかなくって。あはは」
    プタハ「笑っている場合ではないでしょう…探す必要があるのではないでしょうか」
    セルケト「ねぇネイト。そっちの道、なんか嫌ーな気配しない?魔神みたいな」
    ネイト「セルケトもか。私もそう思って警戒を促していたところだ」
    プタハ「魔神ですか…」
    クヌム「魔神の気配ってこんな感じなのかぁ。あんまり気にしてなかった」
    ネイト「…少し空気が変わりつつあるな。だんだんと殺気立って来たと言ったところか」
    ナビィ「ひえぇ…気を付けてくださいね!」
    プタハ「大丈夫です、多少狭いですが…地の利を理解しているのはこちらでしょうから」
    ネイト「ああ。早く片付けてしまおう」
    (ボス戦))

第1章 ボス

砂漠の幻獣 アメミット
砂漠の幻獣 アメミット.jpg
HP333
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時エジプトピラミッド内部に出現した魔神。

入口からまだ離れすぎていないため、
視界もまだ悪くはない。

地形を把握しているこちらの方が有利だ!
撃破時現れた魔神を難なく討伐することに成功した。

エジプトピラミッドの奥は闇が深く
最深部を覗くことはできない。

これから一体何が待ち受けているのか…

気を引き締める必要がありそうだ。

第2章

エリア名画像行動経験ジェムその他
【追跡その一 粘土人形とは?】エジプトピラミッド2.jpg-8+8~12+8~80--
-9+9~13+9~90
-10+10~15+10~100
-11+11~16+11~110
-12+12~18+12~120
-13+13~19+13~130
-14+14~21+14~140
-15+15~22+15~150
-16+16~24+16~160
-17+17~25+17~170
【追跡その二 強力な助っ人!】エジプトピラミッド1.jpg-8+8~12+8~80--
-9+9~13+9~90
-10+10~15+10~100
-11+11~16+11~110
-12+12~18+12~120
-13+13~19+13~130
-14+14~21+14~140
-15+15~22+15~150
-16+16~24+16~160
-17+17~25+17~170

第2章 台詞

  • 【追跡その一 粘土人形とは?】
    襲い掛かってきた魔神を討伐し、辺りは再びエジプトピラミッドらしい静寂が訪れる。
    討伐した魔神は闇に溶けるようにして消滅してしまったが、その後には転々と粘土像が転がっている。
    クヌム「よかったぁ、魔神が粘土を捕まえてたなんてびっくりしちゃった」
    ネイト「やはり、神の力に引き寄せられたのだろうな」
    セルケト「魔神も片づけたんだし、何をしてるのか教えて欲しいわ。その粘土を集めてるの?」
    クヌム「うん、粘土を探しに行ったヘケトも探してるんだ」
    セルケト「ふぅん…あら、この子達もう動くのね。だから魔神が…」
    ネイト「他の地域でも似たような事件があったと聞くな」
    プタハ「神の力が宿ったものを集める…みたいな事件ですよね」
    プタハ「僕はあまり外に出ないので、詳しいことは把握していないのですが…」
    セルケト「大雑把に言うとそんな感じよね」
    ネイト「この類の話はシューやナビィが詳しいだろう」
    ナビィ「はい~、砂を集めたりタマゴの殻を集めたり…インド地域では霊薬アムリタを集めたとの話も聞きました!」
    セルケト「で、エジプトでは粘土を集めるってわけね…」
    クヌム「そういえばプタハとセルケトは何をしていたの?」
    プタハ「道中たまたま一緒になったんですよ。僕はオシリスの所へ行くつもりで、セルケトはモンチュを探していたそうです」
    ネイト「モンチュか…」
    ネイト「モンチュなら、入り口から見て西側の方に向かっていった。同じく粘土像を探している最中のはずだ」
    セルケト「あら、ありがと。じゃああたしはそっちに向かおうかしら」
    プタハ「僕もオシリスの所へ向かうとします。みなさんは?アアルに用があるのであればご一緒しますが…」
    クヌム「うーん…今のところは必要ないかな。大丈夫」
    ネイト「アアルにも粘土像が向かっていったのであれば追わないわけにはいかないがな」
    クヌム「そのときはそのときだよ。なるようになるって」
    セルケト「そうだ、粘土像だけじゃなくてヘケトも探しているんだっけ?あの子ならあたし達が来た方の道を通って行ったわ」
    ナビィ「本当ですか!」
    プタハ「そういえばそうでしたね…彼女は走っていたのですぐに見失ってしまいましたが」
    クヌム「そっか…ありがとう!じゃあそっちの方向に行けばいいんだね」
    セルケト「走っていたからあなた達も早く追いかけないと見失うんじゃない?」
    ナビィ「そ、そうですね!急ぎましょう!」
    クヌム「あ、あんまり急ぐと転んじゃうよ」
    ナビィ「わぁっ!…あいたた…!」
    クヌム「ほらぁ、その辺りに段差があるんだ」
    プタハ「大丈夫ですか?足元が暗いと見落としやすいですよね」
    ナビィ「び、びっくりしました~…!」
    セルケト「今のは段差で済んだけど、奥深くになっていくと侵入者撃退用に罠とか設置してあったりするわよ。気を付けてね」
    ナビィ「わっ、罠ですか!?」
    プタハ「エジプトピラミッドの中が入り組んでいるのも、侵入者に容易に奥まで入らせないためだったりするんです。奥に何があるのかは詳しくは言えませんが」
    ナビィ「冒険のロマンってやつでしょうか…?」
    クヌム「仕掛けてある罠にも色んな種類があるよね、落とし穴とか毒矢とか」
    プタハ「メジェドみたいに石造の目から光線が出ることもありますね」
    ナビィ「ほ、本格的ですね!」
    セルケト「大丈夫よ、あたし達はどこに何が仕掛けられてるか大体把握しているもの」
    クヌム「それでも引っ掛かっちゃったらその時はその時だよねぇ」
    ネイト「要するに、用心に越したことはないというわけだ」
    ナビィ「そうなるとますますヘケト様が心配ですね…早く合流できればいいのですが」
    セルケト「無事であることを祈ってるわ。じゃああたしはこの辺で…じゃあまた会った時によろしくね」
    プタハ「僕もそろそろ…皆さんもお気をつけて。また何かあればお知らせください、力になれることがあれば」
    クヌム「うん、ありがとう。二人とも気を付けてね」
    セルケト様はハイヒールを鳴らしながら、プタハ様は長い髪を揺らしながらエジプトピラミッドの闇に消えて行った。こちらもモンチュ様らとセルケト様、プタハ様とオシリス様が合流できることを祈る。
    ナビィ「では引き続きヘケト様を追いましょうか…!罠と聞いて、ナビィ…どきどきしています!」
    ネイト「道中、また誰かに出くわせばいいものだな」
    クヌム「そうだねぇ」
    足元が柔らかい光で照らされるピラミッド内部。相変わらず静かだが、どことなくあちこちに気配を感じ始める。モンスターが住み着いている領域に入ったようだ。
    ナビィ「ひゃあ!びっくりしました…」
    ネイト「ドライフラワーだな。彼らにはまだ粘土像の影響が出ていないと見える」
    クヌム「そうだね。ふふっ、かわいいなぁ。こっちおいで」
    クヌム様が飛び出してきたドライフラワーに手招きすると、ふらふらとした歩みで近寄ってくる。敵意はないらしい。
    クヌム「ほらー、捕まえちゃったぞー」
    ナビィ「クヌム様はモンスターとも仲がいいんですね!」
    ネイト「基本的に、この辺りに生息しているものは奴の創造物も混じっているからな」
    ナビィ「クヌム様は創造の神様ですよね!もしかして、そのドライフラワーも…?」
    クヌム「うん、えっとねぇ…この辺りの造形にこだわったんだよ。ラインがすっきりしていて綺麗でしょ?」
    クヌム様は抱えたドライフラワーの体の輪郭をなぞるようにしてその造形美を熱く語る。クヌム様は普段ぼんやりとしているが自身の創造活動や粘土像の造形などの立体物に対する熱は計り知れない。
    ネイト「クヌム。語りたい気持ちはわかるが、今はそうする暇はない。日が暮れるぞ」
    クヌム「……あ。そうだね…あはは、つい熱中しちゃった。ドライフラワーもばいばい」
    ナビィ「ナビィはまたクヌム様のお話を聞きたいです!機会があればぜひお願いしたいです~」
    クヌム「本当?やったぁ。うれしいなぁ」
    クヌム様の手から離れたドライフラワーは、物陰に入り込み姿をくらました。状況としては未だ解決していない問題が多いものの雑談をしながら冒険をしているためか気楽な雰囲気が漂う。
    ネイト「ん?誰かの声がするな」
    ナビィ「誰でしょうか?」
    クヌム「ヘケトだといいなぁ」
    この場にいる自分達は声のする方に耳を傾ける。ネイト様の指す誰かとは誰なのだろうか?神であれば心強いが、別の存在である可能性も捨てるわけにはいかない。
  • 【追跡その二 強力な助っ人!】
    一方。モンチュ様らの様子であるが、時間はクヌム様ら一行と別れてほどなくしたころまでさかのぼる。
    モンチュ様、ハピ様、ハトホル様の三人は賑やかに逃げて行った粘土像を追いかけ、エジプトピラミッド内をくまなく探す。
    モンチュ「粘土像ちゃん、恥ずかしがらずに出てきてもいいのよ~?」
    ハピ「モンチュの見かけた粘土像って小さいんだよね?見逃さないようにしないと」
    ハトホル「ああいう狭い隙間に入っちゃったら手が届かないよー、一応覗いてみよっかな!この下の隙間とかー」
    モンチュ「ちょっとちょっと、ハトホルったら~乙女が男子の前でそんなポーズしちゃだめよっ!」
    ハトホル「え?なんか変なポーズだったかなぁ」
    モンチュ「もーっ、ハトホルはカワイイんだから、もっとエレガンスな振る舞いを心掛けなくっちゃダメよ?」
    ハピ「じゃあ僕が覗いてみるよ。僕は乙女じゃないし」
    ハピ様が床付近の狭い隙間を覗き込む。確かに、ここを覗き込むために取った姿勢は女神がするには大胆なポーズだ。
    ハピ「何もいなさそうだよ。入り込まれたら狭いから腕が入らないね…」
    モンチュ「ハピちゃんの手で入らないなら、アタシも入らないわねぇ…」
    ハトホル「じゃあここに入らせないようにすればいいって話?」
    ハピ「そうなるね。引き続き気配を探りながら探そう。先にこっちが見つけないと出遅れてしまうから」
    モンチュ「そうよねぇ。集中しっぱなしも疲れて精度が落ちるから、適度に休憩を入れた方がよさそうだわ~」
    ???「あら…モンチュ達ね。何かを探しているの?」
    ハトホル「あ!アヌビスとバステトじゃん!」
    モンチュ「ちょうどよかったわぁ~!ちょっとお話聞いてってくれない?」
    バステト「お話?オイラをギュッてする話なら却下ニャ!」
    ハピ「いや、今クヌムの粘土像を探しているんだ。エジプトピラミッド内に散らばってしまったんだって」
    アヌビス「クヌムの?…そういえば、勝手に動き出して逃げるのよね」
    バステト「でも珍しいことじゃないニャ」
    モンチュ「それがねぇ、今回は逃げちゃった量が多いんですって!魔神に取られたら大変よ~!ねぇバステトちゃんっ!」
    バステト「ブニャ!ギュッとし過ぎニャ!オイラつぶれるニャ!」
    アヌビス「そういうことね」
    ハピ「クヌムは創造の神だからね。そんな神の力がたくさん流れ出したらまずいんじゃないかな」
    ハトホル「当の本人はぜんっぜん緊張感なかったけどね!」
    バステト「クヌムはいつもマイペースニャ。寝たいときは何日でも寝て、作りたいときは何日でも起きてるニャ」
    モンチュ「そんな生活送っちゃダメよね~、体とか壊したりしないのかしら!」
    ハトホル「ちょっと羨ましいけどねー、アタシもそのくらいだらだらっと過ごしてみたいもんだ!」
    ハピ「あれはヘケトがしっかりしているから成り立ってる所もあるよね」
    モンチュ「そうよ!ヘケトのことも探してるの。粘土像と一緒にね!見かけたりしてない?」
    アヌビス「残念ながら見かけてはいないけど…粘土像探しね。なかなか楽しそうだわ」
    バステト「もしかして、この流れオイラも行くニャ?むむ…今日は一日お昼寝したかったのニャ」
    アヌビス「あら、いつものことじゃない?」
    ハピ「いつものことだね…」
    ハトホル「でも二人が協力してくれたらあちこち調べるの助かるよ!」
    ハピ「さっきも狭い隙間に粘土像が入り込んだら手が届かないって話してたんだよね」
    アヌビス「狭い隙間?」
    モンチュ「アタシが見かけた粘土像はちっちゃかったの。散らばってる粘土像はおっきな塊の粘土像からちまっとした粘土像まで大きさがばらけちゃってるみたいなのよ~」
    アヌビス「狭い隙間ならバステトだったら入るんじゃないかしら。腕の長さはないけれどね」
    バステト「腕の長さを言うのは余計ニャ!けどまぁ、そのくらいの隙間ならオイラの腕も入るニャ」
    ハトホル「バステト頼もしいじゃん!」
    モンチュ「ホントね~っ!ご褒美にアタシがキスしてあげちゃうわ~っ!」
    バステト「それはいらないニャ!モンチュは褒めるだけで十分ニャ!」
    アヌビス「実は私も退屈していたところだったの。粘土像探し、手伝ってあげるわ」
    ハピ「アヌビスも一緒に回ってくれるなら心強いよ。探し物は人数が多い方がいいと思うし…」
    モンチュ「じゃあ決定ね~っ!頼りにしてるわよ!」
    アヌビス「フフ…できることはやってあげるわ。ねぇバステト」
    バステト「し、仕方ないのニャ。オイラの力がどうしても必要なら手伝ってあげるのニャ」
    三人に加え、アヌビス様とバステト様がメンバーに加わることとなった。粘土像探しを行う上で二人の協力は心強い。
    アヌビス「確かに、エジプトピラミッドの様子が少し…普段と違うわね」
    モンチュ「アヌビスもそう思う?やっぱり粘土像が散らかってる影響なのかしら。騒いでいるような感じよね」
    ハトホル「そうかなぁ、アタシには普段と一緒に思えるけど…」
    ハピ「目立った物音がするわけじゃないしね…二人にはそういう気配がわかるのかも」
    アヌビス「二人もそのうちにわかるようになるはずよ。ピラミッドの奥へと進んでいるのだから」
    ハトホル「ってことはピラミッドの奥で何か起きてるってこと?」
    モンチュ「そんなところかしら!」
    すると、なにかの気配を察知したモンチュ様、アヌビス様が歩みを止める。
    ハトホル「なになに?何かあった?」
    モンチュ「ちょっと待って。この先…嫌~な気配がするわ!誰かが戦っているみたい」
    ハピ「誰かが?!魔神が出現したのかもしれない、早く合流しよう」
    5人が急いで現場に駆け付けると、トト様とマアト様、そしてアテン様が魔神と交戦している。
    トト「あっ、みなさん!すみません…手を貸していただけませんか?」
    マアト「アテンさんがあたし達を守りながら戦ってくれて…」
    モンチュ「戦いね、任せなさい!二人はケガしちゃわないように下がって!」
    (ボス戦)

第2章 ボス

エジプトピラミッドの怪物 スフィンクス
エジプトピラミッドの怪物 スフィンクス.jpg
HP444
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時トト様、そしてマアト様の指さす先に、
アテン様が一人で魔神と対峙していた。

苦戦している様子ではないが、
相手の素早い動きにてこずっているらしい。

急いで戦いに参加しよう!
撃破時魔神を取り囲んで逃げ場をなくし、
一気にかたをつける。

見事、とどめを刺すと魔神はゆっくりと消滅した。

第3章

エリア名画像行動経験ジェムその他
【追跡その二 強力な助っ人!】エジプトピラミッド1.jpg-17+18~25+17~170--
-18+18~27+18~180
-19+19~28+19~190
-20+20~30+20~200
-21+21~31+21~210
-22+22~33+22~220
-24+24~36+24~240
-25+25~37+25~250
-26+26~39+26~260
-27+27~40+27~270
-28+28~42+28~280
-29+29~43+29~290
-30+30~45+30~300
-31+31~46+31~310
-32+32~48+32~320
【追跡その三 キケンな罠!】エジプトピラミッド2.jpg
エジプトピラミッド3.jpg
-17+18~25+17~170--
-18+18~27+18~180
-19+19~28+19~190
-20+20~30+20~200
-21+21~31+21~210
-22+22~33+22~220
-24+24~36+24~240
-25+25~37+25~250
-26+26~39+26~260
-27+27~40+27~270
-28+28~42+28~280
-29+29~43+29~290
-30+30~45+30~300
-31+31~46+31~310
-32+32~48+32~320

第3章 台詞

  • 【追跡その二 強力な助っ人!】
    アテン「モンチュ、皆。手を貸してくれたこと、感謝しているわ」
    マアト「アテンさんも一人で無茶をしないで…心配したんですから!」
    アテン「ごめんなさい、心配させてしまって…まだまだ僕も力不足ということね」
    モンチュ「マアトちゃんの言う通りよ?かわいい子を守ってあげることは大事だけど、だからと言って自分を犠牲にするのは美しくないわっ!もっと自分を大切になさい?」
    アテン「フフ、ありがとう」
    アテン「僕は大丈夫。大した被害があったわけじゃないもの。皆もケガがないなら…それでいいわ」
    トト「はい、ありがとうございます。アテンさん」
    マアト「うん…アテンさん、本当にありがとうございます」
    トト「そうでした!そちらの三人にお話ししたかった所なんです」
    ハピ「僕らに?」
    ハトホル「何のこと?」
    マアト「さっきクヌムさんたちに会ったの。粘土像を探してるって話を聞いたよ」
    アヌビス「そういうことなら話が早いわね。今ちょうど三人にそれを探してるって言おうとしてしまったわ」
    バステト「オイラもそのお手伝いに駆り出されたのニャ~」
    アテン「僕もトトとマアトにお願いされたところだったの。入口で見張る役に向いているんじゃないかって」
    マアト「父は今仕事中なので、後々父と交代する形になるかなと思うのですが…」
    ハトホル「なるほどね~、そりゃ頼もしいじゃん!アタシも頼りにしてるよ、アテン!」
    アテン「ありがとう、僕にできることがあったら何でも相談して。できる限り力になるわ」
    アヌビス「アテン、もしエジプトピラミッドの外に神がいるようだったら声をかけておいてくれると嬉しいわ」
    アテン「そうね、協力を仰げないか確認してみるわ」
    ハピ「ラーとゲブにはすでに共有済みなんだけどね」
    マアト「父とゲブさん、大丈夫かなぁ…あたしもちょっと心配なので様子を見に行ってこようかなって」
    トト「では私も、外の様子を伺ってきます。セクメトやゲレグ、ネフェルテムは外にいるかもしれませんし…」
    アテン「僕としてはアアルの方も心配だわ。地上なら地上に居れば様子を見る事が出来るけれど、同時にアアルを見渡すことはできないのよ」
    ハピ「アアルにはオシリスがいるから、特に心配はしていなかったけど…そっか」
    モンチュ「今は何が起きるかわかったもんじゃないから、アアルの様子がわかる子がいたら聞いてみましょ?」
    ハトホル「ソカルとかネムティとか?プタハもそういえば今日オシリスと打ち合わせだって言ってたっけなー…」
    ハピ「よく知ってるね?!」
    ハトホル「たまたま聞いたんだー、その時はふーんって感じだったけど」
    アヌビス「そういった話を聞けると確信はないけど行動はしやすいわね」
    アテン「皆の予定を把握したいならシューを訪ねるといいわ。シューは風で色んな情報を集めているもの。他の地域とのやり取りや出来事を知ることも、彼がいるから円滑に行えるのよ」
    モンチュ「そうねぇ、粘土像を探すついでにシューを見つけられたらラッキーってところかしら!」
    ハピ「シューは外にいるイメージだけどどうなんだろう?」
    アテン「休憩時にはピラミッドに来ることもあるわ」
    アテン「外にいるようだったら僕から声をかけておくから安心して」
    マアト「あたしも見かけたら声かけますね!」
    トト「シューさんは頼りになりますからね。きっと協力してくださるはずです」
    アテン様、トト様、マアト様はエジプトピラミッドの出口へと向かった。モンチュ様、ハピ様、ハトホル様、アヌビス様、バステト様はさらにピラミッドの奥へと進んで行く。
  • 【追跡その三 キケンな罠!】
    ピラミッドはやはり奥に進むにつれて闇を深くしていく。足元にある明かりだけでは心もとない。
    ハトホル「やっぱり暗いのって不便じゃない?もうちょっと明かり置いたほうがいいって!」
    バステト「オイラはあんまり気にならないニャ~」
    アヌビス「それは私達と比べて目線が床と近いからよ」
    モンチュ「明かりが欲しいなら…ちょっと待ちなさ~い!バーニングトルネードッ!…ってね!」
    ハトホル「モンチュさっすがー!神技が炎だとこういう時に便利だね!」
    モンチュ「ふっふっふ!もっと褒めてもいいのよ~?」
    モンチュ様の神技により、先ほどよりも大幅に闇がはらわれ視界が開ける。…ことにより、ハピ様はあることに気が付く。
    ハピ「あれ…?ねぇ、あれ。見て」
    アヌビス「何か見つけた?」
    ハピ「見つけた…といえばいいのかな?あんなものあったかなって」
    モンチュ「どれどれ?」
    ハピ様の指さす方向には、床と平行に伸びる不自然な糸が見えた。まるで、何者かの足を引っかけようとしているかのような配置である。
    ハトホル「ホントだ!こんなところにこんなものなかったよね?」
    アヌビス「そうね。フフ…罠かしら。誰が設置したのかはわからないけれど」
    モンチュ「うーん、おっかしいわね~」
    モンチュ「確かにこの先には侵入者撃退用の罠を設置してたりするけど、それはエジプトの神々みんなで設置してるからここの皆が知らないってワケないはずなのよ」
    バステト「うっかり忘れちゃったんじゃないのかニャ」
    アヌビス「この場に居る全員が忘れたの?フフ、物忘れをする薬でも盛られたかしら」
    ハピ「忘れたって言うのは不自然だよね」
    ハトホル「誰かが設置して、報告し忘れちゃったとかじゃなくって?」
    モンチュ「理由を詮索しても情報が少なくって答えは出ないでしょうね~…」
    ハピ「とりあえず、罠はあるわけだし誰かが引っ掛かってしまわないように解除したほうがいいと思うんだ」
    バステト「ただの糸じゃないのニャ?」
    アヌビス「あら、バステトったら勇気があるのね」
    アヌビス「…そうだったわ、バステトは床とは目線が近くても、天井とは遠いのだったわね。上をよく見るといいわ」
    バステト「ニャ?……ギニャ!?トゲトゲがぶら下がってるニャ!」
    バステト様の声を聴き、一同は天上側に目線を移す。するとうまく物陰に隠れているが、床の糸をキーに動き出す罠が仕掛けてあることが見て取れた。
    モンチュ「やっだぁ!結構鋭いトゲね!」
    ハトホル「あんなのが頭に刺さったらマジで危ないって!ハピが罠を見つけてなかったら絶対引っ掛かってた!」
    ハピ「何かが起きる前に見つけられてよかった…」
    ハピ「モンチュが明かりをともしてくれたおかげだよ。そうじゃなかったら僕も気づいてなかったと思う」
    モンチュ「でもこんなものを設置したのは誰なのかしら!イタズラにしては度が過ぎてるわ!」
    アヌビス「見たところ、仕掛けとしてはシンプルね。ここに引っ掛かってるのを切るか緩めるかすると落っこちる仕組みみたい」
    モンチュ「早い所解除しないと!アタシがやっておくわ、皆は危ないから下がっててちょうだい!」
    モンチュ様は糸を手に取り、ゆっくりと緩めていく。罠は作動することなく天井に吊るされたトゲが下され、何事もなく解除することができた。
    ハピ「これで一旦は問題ないかな」
    アヌビス「この先も同じように身に覚えのない罠があるかもしれないわね。用心して進みましょう」
    誰が設置したのかわからない罠に気味の悪さを覚えつつ先を急ぐ。明り取りはもちろんの事、小さな変化も見逃さないように注意して進む。
    モンチュ「目で見てもわからないことが多いわねぇ…。何かを探るならさっきまで言ってた感覚を辿る練習するのにちょうどいいんじゃない?」
    ハトホル「あ!そっか、なるほどー!やってみよう!」
    一旦会話を止め、ハトホル様は辺りの気配に集中する。静寂が訪れ、妙な緊張感が漂い始める。
    ハトホル「……」
    ハピ「……」
    モンチュ「……」
    アヌビス「……」
    バステト「……」
    バステト「…で、なにかわかったのニャ?」
    ハトホル「しっ!今集中してるんだから!」
    バステト「ニャ……ホントに分かるのかニャ~」
    ハトホル「…あ、足音がする!ハイヒールの音!」
    モンチュ「……そうね、ハイヒールの音…セルケト辺りかしら?」
    バステト「カツカツ聞こえてくるヤツニャ?」
    音に集中すると間違いなく前方よりカツカツとハイヒールの鳴らす音が聞こえてくる。
    その足取りは一定で、罠などに特にかかっていない様子が伺える。
    アヌビス「見えてきたわね、フフ」
    ハピ「読みは合ってたみたい。セルケト、大丈夫?」
    セルケト「皆ここに居たのね。ようやく合流できたわ」
    モンチュ「セルケト~!会いたかったわ!けど、この先に罠なかったの?足音から何にも設置されてなかったみたいだったけど!」
    セルケト「あぁ、それね…」
    セルケト「確かに罠はあったわ。避けてきただけでね」
    ハトホル「えっ、避けてきた?!ってことは…」
    アヌビス「罠がどこに設置してあるのかわかってたってことかしら」
    セルケト「わかっちゃいないわ。身に覚えのない罠だらけで何なのかさっぱりだったけど…仕掛けとしてはちゃちなものばかりだもの」
    セルケト「あたしだったら、あんなに見えやすい所に設置しないわ。何にもしなくっても先に見つけられちゃうものばかりだったし」
    ハピ「す、すごいな…」
    ハトホル「ってことは罠がまだ残ってるってことじゃん!」
    セルケト「まぁ…そういうことになるわね。どこに何があるのかわかってはいるから、解除手伝ってくれる?」
    モンチュ「なるほどね~…」
    バステト「どういうことニャ?」
    モンチュ「きっとセルケト一人じゃ解除できないのよ。背の高さが足りないとか、力が足りないとかで」
    セルケト「そんなところね」
    セルケト「そうそう、モンチュ。別件なんだけどあなたに届けたいものがあったの」
    モンチュ「何かしら…んまぁ~っ!これアタシが注文してた香油じゃないっ!」
    アヌビス「香油?罠より興味があるわ」
    ハトホル「なになに?美容グッズの話?」
    バステト「あ~始まったニャ…こうなると女神はオイラじゃ手が付けられないのニャ」
    ハピ「仕方ないね」
    モンチュ様らはセルケト様の持ち寄った香油を種に会話を膨らます。かしましく会話する様子を見ると、今が非常事態であることも忘れてしまいそうになる。
    ハピ「…そろそろいい?立ち話をしている余裕はないと思うけど…」
    モンチュ「あらっ…アタシとしたことがついうっかりしてたわ!」
    アヌビス「さっきまでずっと緊張していたものね…つい緊張がほぐれて話し込んでしまったのもあるかもしれないわ」
    バステト「それにしては緊張感なさすぎニャ…」
    ハピ「セルケト、この先に行きたいんだ。どこに罠が仕掛けられているのか教えて欲しい」
    セルケト「あぁ…そうだったわね。じゃあ歩きながら教えてあげるわ」
    セルケト様は踵を返し、彼女が通ってきた道へ戻っていく。他の神様もその後に続き、歩みを進める。
    ある程度歩いたところでぴたりと立ち止まり、罠の位置を指さして示す。
    セルケト「そこ、ブロックが飛び出しているでしょう?踏んじゃダメよ」
    ハピ「これか…持ち上げたらいいのかな」
    モンチュ「よーし、ハピちゃんちょっとどいてちょうだいっ!」
    セルケト「気を付けてね。罠の解除に失敗して作動したら、あたし真っ二つになっちゃうかも」
    バステト「ニャ!?横に変な隙間があるニャ!」
    アヌビス「このスイッチを踏むと横から刃が飛び出してくる仕組みなのね」
    危険な罠をこの場に居る全員で解除していく。この罠だけでなく、先に進んで行くたびに点々と設置されているようだ。
    バステト「これじゃいくら解除しても切りないニャ~」
    ハピ「これだけの数を設置するのもなかなかだよね…いったい誰が?」
    セルケト「エジプトの神じゃないってことは確かよね」
    ハトホル「解除して歩くのはいいけど、粘土像探しに時間がかかりそうじゃない?こんな進捗で大丈夫なのかなー…」
    モンチュ「でもこれを放っておくわけにはいかないわよ~」
    とは言え、確かに点々と設置されている罠は数が多いが、セルケト様が述べた通り仕掛けとしては単純なものが多く把握しやすい。
    慣れも手伝ってか、そのうちに解除に時間がかからなくなっていく。
    ハピ「結構解除したね…まだあるのかな」
    セルケト「あたしが確認した分だと、そこの曲がり角の所までね」
    アヌビス「ということは、その曲がり角とは別方向の道の罠は確認していないのね」
    セルケト「でも大体どんな感じで設置されてるかパターンがわかって来たでしょ?」
    モンチュ「確かに、ここまでほとんどがパターンの繰り返しだったわ!お陰で把握が早かったもの」
    ハトホル「じゃあこの先も楽勝って話?」
    ハピ「だといいけどね。見える罠で見えにくい罠を隠してることもあるかもしれないし」
    セルケト「慣れた時が一番危ないってのは十分あるわね」
    そのまま罠の解除を続け、セルケト様の言っていた曲がり角に到着する。
    セルケト「実は、この曲がり角の先でクヌム達に会ったのよね」
    モンチュ「あら、そうだったの!」
    セルケト「それでモンチュ達がどのあたりを歩いているのかも教えてもらったのよね」
    ハトホル「ということは、こっちの道を進めばクヌム達に合流できるのかな?」
    セルケト「どうかしら。だいぶ時間が経っているから、魔神にでも襲われていない限りは…」
    バステト「ニャ?なんニャ、この音……」
    アヌビス「地鳴りのような音がするわね。あっちの道の先から」
    ハピ「…何かあったのかな?」
    ???「キャーッ!誰かーっ!」
    ???「その曲がり角に入ってやり過ごそう」
    ???「ひえぇ~!」
    ???「大変だー」
    騒がしい声と音と共に、何人かが曲がり角へ飛び込んでくる。曲がり角の先に見える隙間の道を、巨大な鉄球が転がっていく様子が見えた。
    その数刻後、おそらく鉄球が壁にでもぶつかったのだろう。激しい振動と音が聞こえ、再び辺りは静かになる。動きは止まったようだ。
    モンチュ「クヌムじゃない!それにヘケトちゃんも…見つけられたのね~っ!」
    セルケト「奇遇ね、今ちょうどあなた達の話をしていたの」
    ネイト「そうだったか…」
    入り口付近で二手に分かれた神々だったが、ここで合流することとなった。
    ヘケト「なんなのよ、本当に…びっくりしたじゃない!」
    クヌム「新しい仕掛けかなぁ、すごいね!突然鉄球が転がってくるなんて」
    ヘケト「笑ってる場合じゃないわよ!」
    ヘケト「あともうちょっとで潰されるところだったわ!誰なの、あんなところに変な罠を設置したの!」
    ネイト「初めて目にする罠だったな…あれでは壁が壊れてしまう」
    モンチュ「エジプトの神がピラミッドを壊しちゃうような罠を仕掛けるとは思えないのよね~」
    ナビィ「ナビィもびっくりしちゃいました…」
    セルケト「さっきぶりね、皆。やっぱりこの道の先にも覚えのない罠があるのね」
    クヌム「さっきぶり~、そうそう。覚えのない罠にかかっちゃったんだ」
    ネイト「あの鉄球が転がってくるものだな」
    ナビィ「せっかくヘケト様と合流して先へと進んでいたというのに、まさかあんな罠があるなんて!ここまで戻ってきてしまったんです~」
    アヌビス「覚えのない罠と言えば、私達がここに来るまでの道のりにもたくさん仕掛けられていたわ」
    ハトホル「そうそう!アタシびっくりしちゃったよー、ギロチンとかトゲとかわんさかあって!」
    バステト「どれも引っかかったら危ない罠ばっかりだったのニャ」
    ハピ「ただの侵入者撃退用の罠にしては、危険なものが多かったよね」
    ナビィ「むむ、不可解ですね…!エジプトの神様ですら知らない罠が仕掛けられているだなんて」
    ハピ「魔神の仕業…だったりするのかな」
    ハトホル「でも魔神にしては頭良すぎるんじゃない?罠を仕掛ける魔神なんて今まで…」
    クヌム「んんーと…粘土像がやらかした可能性もあり得なくないよね」
    モンチュ「えっ?!粘土像ちゃんってそんなこともできちゃうの?」
    クヌム「わかんないけど、動いてるならやれてもおかしくないなぁって」
    ヘケト「クヌムが力を入れっぱなしにした粘土像はどんな行動を起こすかわからないから困るのよ。暴走って言葉の通りなの」
    バステト「む、ムチャクチャニャ!」
    セルケト「俄然、この億に進んでみたくなったわね。罠があるってことはその先に何かがあるはずだわ。侵入されたくないから罠を設置するのだものね」
    ネイト「私も、この先に進むのであれば共に行こう。粘土像を集める約束はまだ果たせていないからな」
    ハピ「そうだね。まだ調査を続ける必要がありそうだよ」
    クヌム「皆優しいなぁ…俺も探すの頑張るよ」
    バステト「クヌムはいつも緊張感がないニャ…」
    クヌム「焦らない焦らない。たぶん何とかなるよ」
  • (ここでエリア背景変化)
    ひとまずは再び二手に分かれることはせず、まとまって行動することとなった。
    先ほど鉄球が転がっていた廊下を進む。鉄球が転がったことにより道中の罠は既に作動済みらしく避けるのはたやすい。
    しかし、作動済みの危険な仕掛けに混じって奇妙な気配も感じる。
    ハトホル「ねぇモンチュ、風かな?空気が動いてるよーな気がするんだけど…」
    モンチュ「ハトホルったらすっかり勘が良くなったわね!アタシも思ってた所なの」
    アヌビス「外は私達から見て背中側…ということは、この先で風が吹いているのは少しおかしな話ね」
    ネイト「ピラミッドの外に繋がっているのであればおかしくはないが、この付近に出口はなかったはずだ」
    神様が場の状況を読み考察していると、ピラミッドの奥から激しい砂嵐が吹き付ける。舞い上がる砂に目を開けていられない。
    バステト「ニャニャ~!オイラの毛並みがゴワゴワになるニャ~!」
    ネイト「これは…一旦後ろに引こう、魔の力を感じる」
    クヌム「いてて、砂が当たるよ」
    一同が砂嵐を避けるため、廊下の両端の物陰に隠れる。激しい砂嵐は一直線に廊下をかけていく様子が目と耳に入った。
    その砂嵐の音に混じり、何者かが戦闘している音が聞こえる。もしや、この砂嵐は…
    (ボス戦)

第3章 ボス

暴砂の偽王 セト
暴砂の偽王 セト.jpg
HP555
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時砂嵐の中に響く金属同士がぶつかる音。
荒れ狂う砂の中で、
魔神と対峙する影には見覚えがあった。

暴砂の野心、セト様の背だ!
撃破時隙を突いた一撃が効いたのか
魔神は呻きながら砂嵐に包まれ消えてしまった。

傍らに立つセト様は辺りを見回し、
自らの魔神の行方を追うが…
どうやらもうすでにこの場にはいないようだ。

第4章

エリア名画像行動経験ジェムその他
【追跡その三 キケンな罠!】エジプトピラミッド3.jpg-17+18~25+17~170--
-18+18~27+18~180
-19+19~28+19~190
-20+20~30+20~200
-21+21~31+21~210
-22+22~33+22~220
-24+24~36+24~240
-25+25~37+25~250
-26+26~39+26~260
-27+27~40+27~270
-28+28~42+28~280
-29+29~43+29~290
-30+30~45+30~300
-31+31~46+31~310
-32+32~48+32~320
【追跡その四 戦う!砂漠の神々】エジプト砂漠1.jpg-17+18~25+17~170--
-18+18~27+18~180
-19+19~28+19~190
-20+20~30+20~200
-21+21~31+21~210
-22+22~33+22~220
-24+24~36+24~240
-25+25~37+25~250
-26+26~39+26~260
-27+27~40+27~270
-28+28~42+28~280
-29+29~43+29~290
-30+30~45+30~300
-31+31~46+31~310
-32+32~48+32~320

第4章 台詞

  • 【追跡その三 キケンな罠!】
    セト「ククッ…まさか、俺の魔神がまだうろついていたとはな」
    クヌム「君がピラミッドに居るのも珍しいね!ようこそ!」
    ヘケト「ほんっとうに緊張感ないわね…」
    ネイト「…あの魔神はお前の魔神だったな。自ら討伐して回っていたということか」
    セト「さぁどうだろうな。俺の行く先を邪魔するようだったから片付けた…それだけかもしれんぞ?」
    クヌム「なんでもいいよ、魔神を倒してくれたことは間違いないんだからね」
    ハトホル「まぁ、その魔神が現れた原因なんだけどね…」
    アヌビス「フフ…まだ生きていたのね」
    セト「さて…お前らと世間話している暇はないのでな」
    クヌム「セト、どこ行くの?」
    セト「行き先をお前に語る必要があるか?」
    クヌム「ないよねぇ」
    ハピ「あまり不用意にピラミッドを進まないほうがよさそうだよ。誰が設置したのかわからない罠が多いんだ」
    ヘケト「まさかその罠…あなたが設置したとは言わないわよね?」
    セト「ククッ、俺も舐められたものだ。まさか俺があの稚拙な罠を仕掛けると?」
    クヌム「ううん、俺は思わないなぁ。セトは罠に頼らなさそうだなって思ってるし」
    ヘケト「その答えが聞けて良かったわ。中途半端に疑いたくなかったの」
    セト「俺のことが信用ならんか。…まぁそうだろうな。何せ一度、魔神に身をおとしてまでアアルを手に入れようとしているのだからな」
    モンチュ「でももう反省したんでしょ?その時のことはもう関係ないわ!」
    ハピ「そうだよ。確かに反逆は良くないことだけど、今更どうしてそんな細かいことを気にするの?」
    セト「お前らにはわからんだろう。戦いを宿命づけられた者を真に理解できるのは同じく、戦いを宿命づけられた者だけだ」
    バステト「ニャニャ…よくわからないニャ」
    ???「おらぁ!この程度じゃたりねー!もっとかかってきやがれ!」
    ???「ウジャト、そっちにいるのは任せた!」
    モンチュ「あらっ…?この声は」
    セルケト「ホルスお坊ちゃまかしら」
    一行が声のする場所へ駆け寄ると、ウジャト様とホルス様がモンスター相手に戦闘しているようだ。数こそ多いが、それほど苦戦はしていない様子である。
    ウジャト「雑魚が束になってきやがるぜ、一匹ずつ潰してやるよ!」
    ハトホル「ウジャト、ホルス君、大丈夫ー?」
    ホルス「ハトホル!?…と皆!」
    ネイト「ウジャト、ホルス。ここで戦闘をしていたのか」
    モンチュ「でももう直に片付きそうね~、さすがだわっ!」
    ウジャト「はん、大した相手じゃねーよ。これじゃ肩慣らしにもなんねーな!」
    ネイト「ウジャト、ホルス。ここで戦闘をしていたのか」
    モンチュ「でももう直に片付きそうね~、さすがだわっ!」
    ウジャト「はん、大した相手じゃねーよ。これじゃ肩慣らしにもなんねーな!」
    ホルス「しかし、突然大量のモンスターに襲われたんだ。なんだったんだ…?」
    バステト「物騒な話ニャ~」
    アヌビス「…あら、クヌム。何をしているの?」
    クヌム「…やっぱりあった!」
    クヌム様がしゃがみこんで探していたもの。クヌム様の手の中にあるそれは紛れもなく粘土の塊だった。
    クヌム「突然モンスターが狂暴化したのは、これのせいじゃないかなぁ…みんな戻っておいで~」
    ホルス「…え?」
    バステト「ニャ?!粘土が集まって来たニャ!?」
    クヌム様が片手に粘土の塊を持ち呼びかけると、周辺に散らばっていたであろう粘土がざわざわと集まってくる。
    ハトホル「うわー…なんか気持ち悪いって言うかぞわぞわするね」
    アヌビス「クヌムが声をかけたら戻ってくるのね、なぜかしら…暴走していた時はクヌムの命令もきかないのでしょう?」
    ヘケト「たぶん、粘土の持つクヌムの力がこの辺りのモンスターに移っちゃったんだと思う…だから、粘土の中にあるクヌムの力がちょうどよく制御できるくらいになってるんじゃないかな」
    セルケト「フフ、討伐されたモンスターは気の毒だったわね」
    ウジャト「オレには関係ねーことだけどな。邪魔してきたから斬っただけだぜ」
    ハピ「……あれ?」
    ハピ「セトの姿が見えないんだけど…」
    モンチュ「あら?いつの間にはぐれたのかしら…」
    アヌビス「つるむつもりはないと言っていたから、放っておけばいいんじゃないかしら」
    ホルス「おじさ…セトもいたのか?」
    ハピ「さっきまでね…自分の魔神と戦っているところに遭遇したんだ」
    クヌム「セトのことだからなぁ…また自分の魔神を倒しに行ったんじゃない?」
    モンチュ「あの子、妙に律儀な所あるものね~…自分でばらまいた魔神は自分一人で片づけるつもりなのよ、きっと!」
    ホルス「セト…それなら俺らも手伝いに…」
    モンチュ「いえ、その必要はないわよ。わざわざ探しに行くこともないわ!黙って信じてあげることも大事だと思うの」
    ハトホル「モンチュってばかっこつけちゃってー!」
    モンチュ「なんとな~く、気持ちがわからない訳でもないのよね~。アタシだって戦いを司る神だもの」
    ホルス「そうだな…ありがとう、モンチュ」
    ウジャト「けっ、戦いに理由なんていらねーっての」
    ウジャト「けどよぉ…その粘土の塊があるところに手ごたえのある魔神が居るかもしれねぇんだろ?」
    クヌム「かもしれないね」
    ウジャト「だったら話が早ぇじゃねぇか!ぶっ倒しに行けばいいんだろ?」
    ヘケト「魔神が持ってたら困るのよ。でもウジャトが戦ってくれるなら心強いけど…」
    ウジャト「オレは慣れ合いとかなよなよっちくて虫唾が走んだ。勘違いすんなよ」
    モンチュ「素直じゃないんだからっ!」
    ウジャト「気安く近寄るんじゃねぇぞ、叩き斬っちまうからな」
    ハピ「まぁ、戦いに関して心得のある神が居てくれるだけでありがたいよ」
    ハトホル「そうだねー、…外の様子とかどうなったんだろう」
  • 【追跡その四 戦う!砂漠の神々】
    外の神々へ状況を伝えるべく、トト様、マアト様、そしてアテン様はエジプト砂漠に立つ。
    トト「日差しは緩んでいないようですね、非常にまぶしいです」
    マアト「まだ父が張り切っているのね」
    アテン「では神を探しましょう、シューは居るかしら?彼に会えると円滑に事が進むわよ」
    強い日差しの下、ヒュウと風が砂を持ち上げ運ぶ。神具である大気のロッドを手にしたシュー様が、アテン様らの声を聞きつけ駆け寄ってきたのだ。
    シュー「アテン、それにトト、マアト。私を呼んだようだが、何か力になれそうなことでもあるのか?」
    トト「シューさん、よかった。駆けつけてくれたのですね」
    アテン「シュー、エジプト砂漠の見回りをしてくれて助かっているわ。そんな中、呼び出してしまってごめんなさい。少し力を借りたいの」
    シュー「ああ、任せてほしい。一体どんな内容だ?」
    トト「エジプト砂漠にいる神様を集めてほしいんです。今エジプトピラミッドにて事件が起きていまして…」
    シュー「ピラミッドで?」
    アテン「ええ。クヌムの粘土像が逃げ出してしまったのよ、大量にね」
    マアト「父とゲブさんはハピくんやネイトさんの代わりに川の管理をしているので、力を借りるべきか悩んでいるの」
    シュー「なるほどね…ひとまず、呼び出してみるとしよう。少し時間をくれないか」
    シュー様が大気のロッドを振りかざすと風が吹き抜けていく。シュー様は風の力を使い、神々を収集するつもりのようだ。
    アテン「ありがとう、シュー。貴方が手を貸してくれると本当に助かるわ」
    シュー「君こそ、私を頼ってくれてうれしい。アテンはいつも、自分一人で抱えてしまうことが多いからね」
    アテン「そうかしら…でも、本当は自分の力だけで皆を救えればいいのだけど…」
    シュー「いいんだ。神であれど、万能になどなれないからね。君のできること、私のできることはそれぞれ違っていいんだ」
    しばらくすると、シュー様の呼びかけに応えた神が集まってくる。舞い上がる砂埃はセクメト様だろう。川の管理を任されていたラー様、ゲブ様も近づいてくる姿が見える。
    ラー「私を呼んだのはシューだな?相談事があるのであれば私に頼めば間違いないぞ、はっはっは!」
    ゲブ「どうも」
    セクメト「レウは速いな!一緒に来たゲレグが全然見えないぞ!」
    シュー「よし、よく集まってくれた。ありがとう」
    マアト「あれっ…お父さん、ゲブさんとも一緒にきちゃったの?」
    ラー「何かまずかったか?!」
    ゲブ「川の監視のことかな」
    ゲブ「川はガチョウに任せてきたから大丈夫」
    トト「川はガチョウさんが見守っている…と…(カキカキ)」
    シュー「…それで大丈夫なのか?」
    ???「はぁ、やっと追いついた…」
    セクメト「ゲレグー!遅いぞー!」
    ???「ゲブー!皆も集まってたのね!」
    ゲブ「ヌト、来てくれたんだ」
    ラー「ゲブとヌトは相変わらず仲睦まじいな!良いことだ!」
    アテン「みんな、集まってくれてありがとう」
    ヌト「大したことじゃないわ!それでみんなを呼んでどうしたの?」
    トト「エジプトピラミッド内でクヌムの粘土像が大量に脱走してしまったのですが、もしかしたらエジプト砂漠にまで逃げ出してしまったものもあるかもしれないんです」
    ゲブ「そう言えば、そんなことをハピとネイトが言ってたっけ。だから俺とラーが川を任されたんだけど」
    ラー「正直な所、何をどう管理すればいいのかさっぱりだったな!」
    アテン「まだ砂漠の方に騒ぎは広がっていない様子ね。一安心したわ」
    ???「あの…ここでしょうか?神様が集まっているというのは」
    トト「ネフェルテム!あなたも駆けつけてくださったんですね」
    ネフェルテム「はい。風が呼んでいたので…シュー様だったんですね」
    シュー「よく来てくれた、ネフェルテム。今ちょうど皆に情報を共有しているところだったんだ」
    セクメト「よっネフェルテムー!」
    アテン「…ネフェルテム、その手に包んでいるものは?よければ見せてもらえないかしら」
    マアト「え?スカラベじゃないんですか?」
    ネフェルテム「はい、構いませんが…こっそりですよ、逃げ出してしまうので」
    ネフェルテム様がそっと手の中に包み込んでいるものを見せる。エジプト砂漠の日光に照らされ見えたのは、間違いなくクヌムの粘土像だ。
    トト「これ…クヌムさんの粘土像ですね!」
    マアト「本当だ!ネフェルテムくん、これどこで見つけたの?」
    ネフェルテム「これは…えっと、川の傍で見つけました。ちょうどスカラベ探しをしていた時だったんですけど…」
    ネフェルテム「川の中には入りたがらないんです。だから上手く追い詰めて捕まえられたんですが、元気が良くって…すぐ逃げだそうとするんです」
    シュー「なるほど…ありがとうネフェルテム。お手柄だね」
    アテン「そうなると、クヌムの粘土像は既にエジプト砂漠の中にも流出してしまっていることになるわね」
    ヌト「粘土像ちゃんを全員外へ逃がさないってなるとなかなか難しいものがあるわよね」
    ゲブ「エジプトピラミッドも隙間が多いからなぁ…どこからともなく砂が入ってきちゃうのは早く修復してもらいたいんだけど」
    トト「ネフェルテム、他にも粘土像を目撃していませんか?」
    ネフェルテム「残念ながら…ですが、もしも他にも粘土像がいるのだとしたら、探し物なら得意なので僕も力になります」
    ラー「なるほどな…粘土像探しか」
    ラー「もちろん、私も助太刀しよう!皆が困っているときに手を差し伸べることもまた、私の務めであろうからな!はっはっは!」
    ゲレグ「砂やタマゴの殻集めの次は粘土像集めか…」
    セクメト「楽しそうだな!なぁネフェルテム、アタシと競争しないか?どっちが多く粘土像を捕まえるか!」
    ネフェルテム「いいですね!やりましょう!負けませんよ」
    アテン「ゲレグ、貴方は今まで起きた各地の異変を目の当たりにしていると聞いたわ。僕達に詳細を教えてもらえないかしら」
    トト「確かに、対策が練られるかもしれませんね」
    ゲレグ「教えられることって言っても、大したことじゃねぇんだがな…砂の時もタマゴの殻集めの時も、神の力が混じった物を集めてたんだったな」
    マアト「今の事件と同じですよね」
    シュー「インドで起きた事件とも同じだな」
    ゲレグ「力が多く集まってるところには魔神が寄ってきやすいんだ。粘土像を一か所に集めるのはいいが、それを監視してるやつがいたほうが良いかもしれねぇ」
    アテン「なるほど…そう言った役目の人物が必要なのね」
    ゲブ「そういう物だったら俺がやってもいいけど。あまり動かなくて済むし」
    ヌト「ゲブがやるなら私もその係になるわ!一応天空の神だもの、地上の様子はくまなく見られるわよ」
    シュー「私は伝達係として、あまり動き回らない位置にいたほうが良いだろう。粘土像の管理に加えてほしい。粘土像が集まるところなら自然と情報も集まるだろうからな」
    トト「ありがたいです。ではゲブさん、ヌトさんが集めた粘土像の管理を、シューさんが粘土像の傍で情報伝達を、他の神で粘土像探し…と言ったところでしょうか」
    マアト「いい感じですね!」
    すると、突如突風が吹き荒れる。大きな影が地面にうつりこんだことから、神々は空を見上げると神々の上空に大きな魔神が翼を広げ襲い掛かってきた。
    ネフェルテム「魔神です…!」
    ゲレグ「早いやつだ、ネフェルテムの持ってる粘土像を狙ってきやがったな?」
    ラー「戦いか?よし、任せろ!」
    セクメト「飛んでる魔神だ!よーし、行くぞレウ!捕まえてやっつけるぞ!」
    空を飛ぶ魔神を見据え、神々は戦闘の体勢に入る。
    (ボス戦)

第4章 ボス

羊頭の幻獣 クリオセファル
羊頭の幻獣 クリオセファル.jpg
HP666
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時エジプト砂漠の鮮やかな空の下、
大きな影が砂漠に映り込む。

蝙蝠にも似た大きな翼をはためかせ、
魔神は空より攻撃を仕掛けてきた!
撃破時飛び回る魔神を的確に捉え、
確実に討伐する事が出来た。

この場には実力ある神々が出そろっている。
魔神は相手が悪かったと言う他ないだろう。

第5章

【追跡その四 戦う!砂漠の神々】エジプト砂漠1.jpg-17+18~25+17~170--
-18+18~27+18~180
-19+19~28+19~190
-20+20~30+20~200
-21+21~31+21~210
-22+22~33+22~220
-24+24~36+24~240
-25+25~37+25~250
-26+26~39+26~260
-27+27~40+27~270
-28+28~42+28~280
-29+29~43+29~290
-30+30~45+30~300
-31+31~46+31~310
-32+32~48+32~320
【追跡その五 相談する神々】永遠の楽園アアル.jpg
エジプト砂漠1.jpg
--40+40~60+40~400--
-41+41~61+41~410
-42+42~63+42~420
【追跡その六 ピラミッドと粘土像】エジプトピラミッド2.jpg
エジプトピラミッド3.jpg
--40+40~60+40~400--
-41+41~61+41~410
-42+42~63+42~420

第5章 台詞

  • 【追跡その四 戦う!砂漠の神々】
    空を飛ぶ魔神を倒し、辺りの緊張感が解かれる。
    トト「突然の襲撃でしたが、被害がなくて何よりです」
    ラー「私がついていたのだからな!当然のことだろう、はっはっは!」
    アテン「ラーがまばゆい光で攪乱してくれたものね」
    マアト「あ、ネフェルテムくん。どうかしたの?」
    ネフェルテム「あ…いえ、ちょっと。動くものを見かけたので…」
    シュー「その辺りは倒した魔神が姿を消した辺りだな」
    ネフェルテム「えぇと…あ!ほら。いました」
    セクメト「何を捕まえたんだ?」
    ネフェルテム「ちょっと待ってください…あ、こら。暴れちゃだめですよ」
    ネフェルテム様が捕らえたものは間違いなく小さな粘土像だ。ネフェルテム様の手の中で逃げ出そうと動き回っている。
    トト「粘土像…!ということは、あの魔神…粘土像を持っていたのでしょうか?」
    ゲレグ「粘土像を捕まえて味を占めてたのかもしれねぇな」
    ゲブ「ふーん…ちょっと見せて」
    ヌト「ゲブ、何かわかった?」
    ゲブ「んー…まぁ、神の力が随分と備わってるね。魔神にとってどう有益なのかはわからないけど」
    アテン「クヌムの力だものね」
    シュー「他の地域でも、神の力が宿った物を魔神が奪おうと襲ってきた事例をいくつも耳にしている。ある意味、呼び寄せるのにはちょうどいいかもしれないな」
    ゲレグ「魔神を呼び寄せる神技も何か近いものがあるのかもしれねぇな」
    トト「なるほど…(カキカキ)」
    ヌト「魔神ホイホイってところかしら?」
    ラー「ではなおさらうかうかしていられないな!私達は行動を移すとしよう。粘土像を探し捕らえ、魔神が居るのであれば討伐する。それでいいな?」
    トト「はい、問題ないと思います」
    マアト「あたしも頑張ります。トトちゃんはどうする?」
    トト「私はシューさんと一緒に粘土像の傍で待機しようかと。何かあればすぐ記録するので、仰っていただければ」
    ネフェルテム「では僕はそろそろ探しに行ってきます。また」
    セクメト「おう!アタシ達も行くぞ、レウ!ネフェルテムに負けないぞ!」
    ゲレグ「二人とも無茶すんなよ!」
    アテン「神の力を得ようとして、それが魔神にどう影響があるのかは僕にはわからないけれど…あまり良い結果にはならなさそうよね」
    シュー「そうだな。…神の力を吸収し、自らの力を高めている可能性もあり得る」
    ラー「なんだと!?」
    シュー「いや、あくまでも予想の一つだ。先ほどの魔神を見てドーピングのような効果があるのかもしれないなと思ったんだ」
    アテン「どういうことかしら…?」
    シュー「あの魔神はエジプト砂漠で良く出現する魔神だ。いたって普通に、簡単に討伐できるものだな。だが、今回は我々が一同が力を合わせて討伐することとなった。力を増しているように思えないか?」
    アテン「確かに、一理あるわ。粘土の力をうまく利用しているのね」
    シュー「しかし、その力はおそらく自らに見合った力ではなかったのだろう。結果として暴走していたのではないかな」
    ラー「暴走するとなると…なるほど、動きがバタバタとおおざっぱな動きをしていたのはそのためだったか」
    アテン「よく見ているわね。僕もそれは疑問に思っていたわ、やたら羽音がするなと」
    シュー「聞けば、粘土像もクヌムの力によって暴走しているらしいからな…原理としては同じことなのかもしれない」
    ラー「ふむ…なおさら取りこぼすわけにはいかないようだな」
    アテン「そうね…では、シューは情報伝達係として、その力を発揮してほしいわ。僕とラーは逐一エジプト砂漠を監視し、情報をシューに流すわね」
    シュー「わかった、よろしく頼む」
    集まった神々がそれぞれの役割のためにこの場を後にする。
    アテン様、ラー様は全体の監視、ゲブ様、ヌト様は集めた粘土像の管理。その付近でシュー様は情報伝達を、トト様は情報管理を。マアト様、ネフェルテム様、セクメト様、ゲレグ様はそれぞれ、エジプト砂漠の粘土像を探しに散っていった。
    ところで、ネフェルテム様はというと。この情報を伝達するべく未来の神々の元へと駆け寄る。
    ネフェルテム「母上!神々と情報共有してきました」
    未来のセクメト「よーし、よくやった!で、どんな感じだ?」
    ネフェルテム「砂漠にも粘土像が散らばっているので、ラー様とアテン様がエジプト砂漠を監視するそうです」
    未来のマアト「エジプト砂漠を…となると、あたし達もなかなか出られませんね…」
    未来のセクメト「少しくらいは陰で手伝えるかと思ったんだけどなー!」
    未来のトト「こればかりは仕方ありませんね」
    未来のバステト「じゃあオイラは遠慮なく休ませてもらうニャ。ピラミッドの日陰は涼しいニャ~」
    未来のトト「捜索の手伝いがしたいのであれば、ラーさんとアテンさんの監視を避けられるところでするしかありません」
    未来のトト「例えば…屋根のあるところなど。二人は天体神なので、建物の奥深くや地下にまで目が届かないはずです」
    未来のマアト「そうなの?それなら少しくらいはお手伝いできるかな…」
    未来のトト「…とはいえ、これはもともとこの時代にいる私達だけで解決するべき問題なのは確かです。下手に手を出して未来を変えてしまったら、それこそ大変なことになってしまいますよ」
    未来のセクメト「けど、これでうまくいかなくて大変な目に遭ったらアタシらは絶対後悔すると思うんだ。じっとしてるのって性に合わないし!」
    未来のマアト「確かに、それは言えてるね…」
    未来のセクメト「ここで魔神が力をつけて、アタシ達がまた封印されたりしたら…ネフェルテムに会えなくなったりしたらアタシは嫌だな」
    未来のバステト「それは確かに後味悪いニャ~」
    未来のトト「…そうですね。困っている人が目の前にいて、助けてはいけないなんて理由はありませんよね。私達も陰ながらという形になりますが、協力しましょうか」
    未来のセクメト「うん!ありがとな、トト」
    ネフェルテム「では母上、僕はそろそろ粘土像探しに行ってきます!」
    未来のセクメト「なんだ、やけに急いでないか?」
    ネフェルテム「ふふっ、いえ…今競争しているんです」
    未来のマアト「誰と?」
    ネフェルテム「それは秘密です。それでは、また何かあったときに連絡します」
    未来のトト「ネフェルテム、ありがとうございます。お気をつけて」
    未来のセクメト「ネフェルテムのやつ、アタシに秘密だなんていい度胸だなー!」
    未来のマアト「フフ…!あのくらいの歳の子だったら秘密を持ちたくなるよ」
    未来のセクメト「そんなもんかぁ?アタシはゲレグに秘密とかしたことなかったぞ?」
    未来のバステト「セクメトは昔っから素直だニャ~」
  • 【追跡その五 相談する神々】
    一旦アアルに場所を移す。この死後の楽園でもやはり同様に異変が起きているのか神々が集まっている。
    ネムティ「びっくりしました…プタハ様と舟に乗ったら魔神に襲われて…」
    プタハ「エジプト地域にクヌムの粘土像が散らばっている影響なのでしょうか…」
    オシリス「エジプト全域でか。詳しく聞かせてもらおう」
    プタハ「はい。状況を説明すると…少しまずい状態かもしれませんね」
    ネフティス「まずい状態…?」
    プタハ「クヌムの粘土像が散らばっているのは先ほどお伝えしました通りです。そこまでは日常風景ですが…」
    プタハ「粘土像が散らばっている量が普段の倍以上あるもので。他の地域でも神の力が散らばった影響で魔神が活性化されたと聞きましたし、同じ状況が起きている可能性があります」
    イシス「ソカルも戦闘があったとおっしゃっていましたね?」
    ソカル「そう。討伐したから良いとして…魔神のセトが出現したんだ」
    オシリス「魔神の…セトが?!」
    ネフティス「まだアアルを狙って?懲りないのね…」
    プタハ「僕とネムティも目にしたので間違いありませんね」
    メジェド「うっす。セトさんとかマジすか」
    プタハ「マジです。砂嵐で舟から落とされるところでしたよ」
    ネムティ「突然のことでとっさに対応が上手く取れなかったのですが…」
    ネムティ「ソカル様が魔神のセトさんを抑えてくれたんです。お陰で舟が横転しないで済みました」
    プタハ「あの時は肝が冷えましたよ…」
    イシス「無事で何よりですわ」
    オシリス「そうか…報告ご苦労だったな」
    メジェド「ヤバイっすね」
    ネフティス「なるほどねぇ…ウフフ、そうなると粘土を集めてセトを討伐する…でいいのかしら」
    プタハ「そうですね。その流れで間違いないかと。セト以外の魔神も多く出現しているようですし」
    ソカル「今の所…討伐した魔神は粘土像を持っていたな。粘土像を集めるのなら、魔神も討伐する必要があるかもしれない」
    ネムティ「魔神を討伐しなければいけないんですね…私も頑張ります!」
    オシリス「……そうだな。アアルを初め、エジプト地域内で少しでも変化のあった所は徹底的に調査したほうがよさそうだ」
    メジェド「自分、オシリス様の命に従いますんで」
    イシス「メジェドは頼もしいわね」
    ネフティス「それなら、私達の王を護衛するのはメジェドで決まりね」
    プタハ「僕らはどうしましょうか。アアルの警備にあたっても構いませんが…」
    ソカル「魔神がアアルへ到達するには水路か空路でなければたどり着けないはずだ、移動手段である舟もこちら側にあるし…」
    オシリス「しかし、事件が起きていながら受け身の姿勢を取るのも歯がゆいものだな」
    メジェド「オシリス様、まさかセトさんと戦いたいとか言いたいんじゃないっすよね?」
    オシリス「あいつを…あいつの魔神を倒しきれなかったのは俺の責任でもあるだろう」
    ネムティ「オシリス様、でも…危ないですよ!」
    イシス「そうですわね…」
    メジェド「…あ。オシリス様、お話の途中割り込んじゃっていいっすか」
    オシリス「なんだ?」
    メジェド「砂嵐っす。舟を泊めとく場所で」
    ネフティス「砂嵐…?」
    ソカル「…!早く行った方がいい。セトかもしれない」
    メジェド「マジすか。どうやって来たんすかね」
    プタハ「悠長なことは行っていられないようですね」
    アアルの神々が現場に駆け付けると、激しい砂嵐が巻き起こっている。泉の水は波うち、植えられた植物に砂が当たって音が鳴っている。
    その砂塵の中心に、ぼんやりと何者かの影が見えるものの、輪郭ははっきりしない。
    ソカル「激しい砂嵐だな…目をまともに開けていられない」
    オシリス「…セトだな」
    メジェド「よくわかりますね。セトさんで間違いないみたいっす」
    イシス「では討伐に向かった方がよろしいのでは…魔神のセト、なのでしょう?」
    メジェド「うーんと…それが、ちょっとややこしいことになってるっぽいんすよね」
    プタハ「どういうことですか?」
    メジェド「あれ、普通のセトさんと魔神のセトさんが戦ってるんすよ。だから激しい砂嵐が起きているみたいっす」
    ネムティ「!?それって、自分と戦っているってことですか?」
    ネフティス「そんな状況になることがあるの?」
    オシリス「…あり得なくはないな」
    オシリス「神自体が魔神に堕ち、浄化され元の神の姿に戻ってもなお、魔神がこの世界に留まり続けることは他の地域でも確認されている。セルケトはもちろん、北欧のロキやミーミル、中国の麒麟、バビロニアのフワワ…他にもいるだろう」
    プタハ「つまり、この場には神であるセトと魔神であるセトが存在しているんですね」
    ソカル「…だと思う。魔神って、魔の力さえあればいくらでも出現するものだし」
    ネフティス「せめてものの罪滅ぼしとでも言いたいのかしら…」
    メジェド「真意は不明っす。でもまぁ、侵入してきた魔神を倒してくれてるって見方をすれば自分らの味方っすよ」
    オシリス「ふむ…そうだな、セトを援護しよう。激しい砂嵐の中でまともに戦えはしないだろうが…」
    イシス「メジェド、あなたは砂嵐もものともしないのでしょう?」
    メジェド「あ、はい。まぁ」
    オシリス「ならばメジェド。セトのもとへ行き援護してこい。このまま砂嵐が長引けばアアルの景観にも響く。早く片付けてこい」
    メジェド「相変わらず無茶振りっすね…まぁ、適当になんとかしますわ」
    メジェド様はオシリス様の命通りに砂嵐の中心へと向かう。メジェド様の独特な格好が風に煽られているが、それを意に介すことなくメジェド様は進む。
    イシス「あっという間に見えなくなってしまいましたわ…」
    ネフティス「メジェドの無事を祈りましょう?あの子なら大丈夫だとは思うけれど…」
    ソカル「…」
    メジェド様が砂嵐の中に入って数分後。ようやく砂嵐が落ち着き始め、そのうちに視界も開けてくる。
    セト「ふん…他人の争いに首を突っ込むなど随分余裕ではないか、オシリス」
    メジェド「片付いてよかったっすね」
    セト「助けなど必要なかったのだがな」
    オシリス「セト。アアルを脅かす魔神を討伐したこと、感謝しよう」
    セト「オシリスよ、お前はどこまでおめでたいんだ?ここに反逆者が立っているというのにその対応…皮肉か?」
    オシリス「お前が反逆したことと今の行為は別だ」
    セト「何でも構わんがな。先ほどの魔神を見たか?まぎれもなく、魔神の俺だ。わかっているだろう」
    セト「あれは俺が反逆したときに作られたものだ」
    メジェド「まぁ、間違いなくそうでしたね。けどそれを倒したのもセトさんっすよ」
    セト「ククッ…あれは邪魔だったから消したまで」
    セト「俺が俺の魔神を倒す理由はお前達で好きに解釈しても構わん。ここに来たのも、その魔神を追ってきた…ただそれだけのことだからな」
    ネフティス「つまらない意地を張らないほうが足元が崩れなくていいわよ」
    ネムティ「あれ…オシリス様、セトさん…ケガしてるんじゃないでしょうか?」
    オシリス「ケガ?」
    ネムティ「はい!打撲かな…少し痣になっている所があるように見えるんですけど…」
    ソカル「…そう」
    プタハ「ソカル?どうしたのです」
    ソカル「いや、治療してあげるのかなって」
    イシス「治療…そうですわね。ソカル、連れてきてくださる?」
    ソカル「…俺はそのつもり」
    ソカル様はオシリス様らのもとから離れ、セト様とメジェド様の立つ辺りに移動する。
    セト「…ソカル、何しに来た?」
    ソカル「何って…あんたがケガしてるから連れて行こうかと」
    セト「連れて行く?どこに」
    ソカル「オシリスのそば。イシスが治してくれるんじゃないか」
    セト「ばかばかしい。俺はそういった冗談は好まん。メジェドを連れて行け」
    メジェド「自分、もともとここに住んでるんですけど…」
    ソカル「それじゃ話にならない」
    セト「俺はもう行く。舟を借りるぞ」
    ソカル「俺はあんたのためを思って言ってるんだけど」
    セト「笑わせるな、俺はオシリスの顔など見たくないのでな。膝元のアアルの地に踏み入っただけで鳥肌が立つ」
    メジェド「素直じゃないっすね。頑固って言えばいいのかもしれないっすけど」
    ソカル「…まぁ、俺がセトだったら同じ返答をしそうだけどな」
    メジェド「…あれ、舟にネムティさんは乗せなくていいんですかね?」
    ネムティ「あれっ…セト様、舟を使って帰ってしまったんですか?」
    ソカル「ちょうどいいところに…そうだよ」
    ネムティ「……一応、もう一艘ありますよね」
    ソカル「その点に関しては問題ないと…」
    ソカル「……」
    メジェド「どうしたんすか」
    ソカル「…転覆してない?」
    メジェド「マジっすか」
    ネムティ「……や、やっぱり…オシリス様に報告しなきゃ!オシリス様ー!」
    ネフティス「あら、ネムティが帰ってきたわ。ナニがあったのかしら…」
    ネムティ「オシリス様、大変です!舟が軒並み転覆してしまっていて…」
    オシリス「転覆だと?」
    ネムティ「たぶんさっきの戦闘で…」
    プタハ「それじゃあ舟を引き上げるかなんかしないと。他に使える舟はないのでしょうか」
    ネムティ「その…セト様が乗って行った舟しかなかったみたいです」
    イシス「あら…困りましたわね」
    オシリス「それで、舟は引き上げた後使えるのか?」
    ネムティ「さぁ…わからないです。今メジェドさんとソカル様が引っ張り上げてる所なんですけど…」
    オシリス「プタハよ、舟を作るのにはどれほど時間がかかる?」
    プタハ「さぁ…造船したことはないので。ですが舟がないままでは不便ですし…少しやってみましょう」
    イシス「素材なら潤沢にあるはずですわ。楽園ですもの」
    ネフティス「私達も何かお手伝いシましょうか?…何ができるかと問われても答えられないけれど」
    プタハ「そうですね…いえ、お手伝いしていただけるだけで十分助かります。大型の船を作るわけではないので、たぶんそう時間はかからないはずです」
    ネムティ「プタハ様、無理はしないでくださいね…!私にも何か仕事を振ってください!」
    オシリス「ではプタハ。後は任せたぞ。俺はシューにここで会った情報を流す…イシスも来い」
    イシス「わかりましたわ」
    プタハ「かしこまりました」
    ネムティ「ではプタハ様、メジェドさんとソカル様の所に合流しましょう」
    楽園の神々もまた、役割を決めそれぞれの場所につく。オシリス様は楽園に流れ込む風に、ここで何があったのかの情報を吹き込む。
    オシリス「…よし。これで問題ないだろう」
    イシス「ええ。風も無事に流れていきましたわね」
    オシリス「…地上での情報もじきに流れてくるだろう。何かある前に、舟を完成させねばならないな」
    (ここでエリア背景変化)
    オシリス様の流した風は無事にエジプト砂漠のシュー様へと届く。冥界と地上とで距離が離れているため誤差はあるものの大した問題ではない。
    シュー「ふむ…オシリスから連絡がきたよ」
    トト「オシリスさんから…ですか。なんと?」
    シュー「どうやらアアルに魔神のセトが出現し戦っていたそうだ」
    トト「魔神の…!?」
    ゲブ「そういえば、さっきかな…ピラミッド内部からも風の音がした。砂を散らすような音だったから砂嵐かもしれない」
    シュー「だろうな。私も何度か風をピラミッド内に送ったが反応がなかった」
    シュー「その砂嵐がノイズになってピラミッド内の様子を探れなかったのかもしれないな」
    ヌト「そんな力があるのね…魔神のセトちゃんって頭がいいのね!」
    トト「確かに、他の魔神やモンスターとは明らかに動きが違いますよね」
    シュー「アアルには魔神だけではなく、神のセトもその場に居たようだ。魔神のセトを追いかけて倒したらしい」
    ヌト「あらあら…自分で自分の魔神を倒しているのね」
    ゲブ「大変だな…」
    シュー「魔神のセトが出現したことを砂漠やピラミッド内部の神々にも伝えよう。おそらく、内部の神々はもう気が付いているかもしれないが…」
    トト「それがいいですね」
    シュー様は大気のロッドをかざし、エジプトピラミッド内に起こした風が吹き込む。
    シュー「無事に神々の元へ届くといいが…」
    トト「そうですね…」
    ゲブ「まぁ、大丈夫じゃない?何かあってもみんな強いし」
    ヌト「そうよ!信じて待ちましょう?」
  • 【追跡その六 ピラミッドと粘土像】
    砂嵐がざらざらという音を立てるのに対し、シュー様の起こす風はさらさらと爽やかな音を立て吹き抜けていく。
    エジプトピラミッド内部。粘土像の捜索と何者かが設置した罠の解除に勤しむ神々の元に、ようやく風が届いた。
    クヌム「…ん?これは…」
    ハピ「シューの風だ。こんなところにまで届くなんてすごいな」
    ヘケト「結構奥まで入り込んでいたのにね」
    アヌビス「それで、何かあったのかしら」
    クヌム「うんと…あぁ。エジプト砂漠とアアルの様子を流してくれたみたい」
    モンチュ「よかった!マアトちゃんとトトちゃん、アテンも上手く砂漠の神様に合流できたってことね!」
    セルケト「プタハは無事にアアルについたのかしら?」
    クヌム「うん。何とかついたって。それでね、魔神のセトがやっぱりアアルにも出たんだって」
    ハトホル「げー…そっちにも出現したんだ」
    クヌム「結局、その魔神を追っかけてきたセトがメジェドと一緒に倒したみたいだけど」
    ホルス「セトはアアルまで行っていたのか…!」
    ウジャト「魔神と戦ってたのか?…ったく、オレを出し抜きやがって!」
    クヌム「セトはそのまま舟を使ってアアルを一人離れちゃったんだって。アアルにオシリスとかいっぱいいるみたいだけど他の舟が転覆したせいでアアルから出られないんだとか」
    ヘケト「それはさぞかし困ってるでしょうね…」
    クヌム「あ、でも大丈夫。一応アアル側にプタハがいるみたいだから、プタハ中心に舟を作ろうとしてるみたい」
    モンチュ「んもう、鍛冶神はどこの地域も働き過ぎよっ!」
    セルケト「舟を作るなんて鍛冶と全然関係ないしね。大丈夫かしら?」
    ホルス「ある程度片付いたらオレ達も手伝いに行った方がよさそうだな」
    ホルス「…とは言え、セトの使った舟に乗れる人数でしか手伝いに行けないが…」
    ナビィ「そうですね…空を飛べる神様が多ければ、川を渡れるのですが…」
    ハトホル「じゃあそのためにもアタシ達の仕事をさっさと終わらせないと!」
    ヘケト「そうそう!粘土の暴走を抑えたら魔神もある程度は落ち着くと思うの」
    ハピ「じゃあ僕らの仕事は変わらずそのままってことでいいんだね」
    クヌム「よーし、じゃあまったり探しに行こうか」
    バステト「なんだか眠くなる掛け声ニャ…」
    ヘケト「クヌム!まったりじゃ間に合わないわよ」
    クヌム「えー、そうかなぁ」
    ナビィ「適度な速度で進めばいいんですよ♪」
    (ここでエリア背景変化?)
    クヌム「…あ」
    ネイト「どうした?」
    クヌム「あはは、おなかすいちゃった。ターメイヤ食べたいなぁ」
    ホルス「……」
    ハトホル「……」
    ハピ「……」
    モンチュ「……」
    ネイト「……」
    ヘケト「クヌム…」
    クヌム「…あれ。おかしなこと言った?」
    ヘケト「もういいわ…先進みましょう」
    セルケト「フフ、クヌムったらマイペースね」
    アヌビス「マイペースさで言えばバステト以上よね」
    クヌム「…あ」
    ヘケト「今度は何?ハマム・マッハシ?ないわよこんな所に!」
    クヌム「あ、ううん。そうじゃなくって」
    ヘケト「じゃあ何?フール・ミダミス?」
    クヌム「ううん。食べ物じゃないよ」
    クヌム「魔の力が一段と濃くなったなって。魔神が近くにいるのかも」
    ヘケト「え…?魔神…?!」
    クヌム「静かに。…暗がりに居るから見えにくいな」
    モンチュ「それならアタシが明かりを灯せばいいかしら?」
    クヌム「うん、お願いしたいな」
    モンチュ「よーし!任せてちょうだいっ!」
    ハピ「気を付けて、暗いから何が潜んでいるかわからないし」
    モンチュ様は目の前に続く暗い廊下に向かい、炎の渦を放つ。ぱっと明るく照らし出された廊下の中に、暗闇に潜んでいた魔神が姿を現した。
    (ボス戦)

第5章 ボス

ピラミッドに潜む怪獣 マフート
ピラミッドに潜む怪獣 マフート.jpg
HP777
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時しゅるしゅる…

ヘビが這うような音が聞こえていたが、
炎の明かりに照らされた魔神は
ヘビの姿をした魔神ではなかった。

何か、特殊な力を隠し持っているのかもしれない。

注意して戦いに挑む!
撃破時マフートはどうやらヘビのように
首を長く伸ばすことができるようだ。

先ほどの這いずる音は
その行動による音であったらしい。
意表を突かれたが、こちらの方が数は上。
問題なく討伐する事が出来た。

第6章

エリア名画像行動経験ジェムその他
【追跡その六 ピラミッドと粘土像】エジプトピラミッド2.jpg
エジプトピラミッド3.jpg
エジプトピラミッド1.jpg
--40+40~60+40~400--
-41+41~61+41~410
-42+42~63+42~420
【追跡その七 ピラミッドの奥へ】エジプトピラミッド2.jpg
エジプトピラミッド3.jpg
--40+40~60+40~400--
-41+41~61+41~410
-42+42~63+42~420

第6 台詞

  • 【追跡その六 ピラミッドと粘土像】
    討伐した魔神は数多くの粘土像を持っていた。そのために動きや力、そして有する魔の力に影響が出ていたのだろう。
    ハピ「さっきの魔神…やっぱり粘土像の力で強力になっていたのかな」
    ウジャト「だとしたら粘土像持ちの魔神も大したことねぇな、もっと骨があるかと思ったぜ」
    アヌビス「結構な粘土像の数ね…このメンバーで抱えているには結構な量になってきたわ」
    バステト「うーん…オイラもうしんどいニャ」
    アヌビス「あら、バステトはもっと持てるでしょう?」
    クヌム「…うーん。でもね…やっぱり総数には足りないなぁ」
    ヘケト「そりゃ、大量に逃げ出したんだからそうそう集まらないでしょ。もう捕まらない子とかもいるだろうし…」
    モンチュ「目標があったほうが探しやすいって言うのはあるかもしれないわね~」
    ナビィ「目標ですか…」
    クヌム「うーん。いっぱい集まればいいかな!」
    ヘケト「ざっくりし過ぎよ」
    クヌム「ちょっと粘土重たいし、一回戻ろっか。ゲブとヌトが見てくれてるってシューが教えてくれたんだよね」
    ハトホル「そうだったんだ!じゃあまとめた方がいいんじゃないかなー」
    セルケト「いつまでも粘土ちゃんを持って歩くわけにもいかないものね、それがいいと思うわ」
    ウジャト「はあ?!ここまで来て戻っちまうのか?!オレは戦いに来たんだ!」
    ホルス「そうだな…よしわかった。ウジャトの分はオレが持ってお爺さ…ゲブさんの所に行くよ」
    ハトホル「えっ、ホルス君大丈夫?」
    ホルス「だ、大丈夫。このくらいどうってことないよ」
    モンチュ「いいところ見せようとしちゃって~かわいいんだからっ!アタシも手伝うわよ、こういう時の為に鍛えているんだもの。使ってちょうだい!」
    ホルス「モンチュ…ありがとう」
    ハトホル「でもウジャト一人ってのもなー…」
    ウジャト「オレが一人じゃ魔神一匹も倒せねぇってか?」
    ハトホル「ち、違うってばー!この状況的に一人って危ないんじゃないかなって話!」
    ハピ「今このピラミッド内部は僕らにも予測できないものが多くありそうだからね…罠といい、魔神といい…」
    ホルス「さっきモンスターに襲われた時も予測できないもの、だったな…」
    ウジャト「予測できねぇことがあっても、ぶった切って行きゃ問題ねーだろ?人が良すぎるんだよ」
    ネイト「ウジャトらしい返事だな」
    アヌビス「ウジャトの性格的に、誰かとつるむことは好まないでしょうしね」
    バステト「じゃあ、ウジャトは一人でもいいと思うニャ」
    セルケト「あたしもそれに異論はないわ。のびのびと戦っている方がウジャトらしいしね」
    ホルス「そうか…わかった」
    ナビィ「ウジャト様…!」
    ホルス「ウジャト、無理だけはしないでほしい。負傷したら無理せず、オレらと合流してくれ」
    ウジャト「言われなくとも!徹底的に潰してきてやるよ」
    クヌム「頼もしいなぁ」
    クヌム「じゃあ俺らは一旦ゲブ達のところに戻るか。しゅっぱーつ」
    ヘケト「ほんっとマイペースなんだから…まぁいいわ、ウジャト!気を付けてね」
    ウジャト「いちいちうっせーな、わかってるよ!」
    アヌビス「ウジャトも素直じゃないわね、フフフ」
    モンチュ「それがあの子のカワイイ所よね~!さぁっ、早く用事を済ませなくっちゃ!」
    ハピ「色々とまだ解決していないことも多いしね」
    一行はウジャト様と一旦別れ、ゲブ様、ヌト様のいる入口の方へ戻る。ウジャト様は単身、ピラミッドの闇に消えて行った。
    (ここで背景変化)
    一度通ってきた道だけに、帰りはスムーズに戻る事が出来た。一度外した罠が再度設置されていることはなく、特に警戒も少なく進むことができたことも大きいだろう。
    ヌト「みんなー、お疲れ様!カルカデで良かったら淹れてあるわよ、飲んで行って!」
    クヌム「わーい、カルカデだー」
    ゲブ「粘土像はこっちで預かるよ、どのくらいある?」
    ハピ「えっと…このメンバー全員で抱えられる量はとりあえずあるかな。ちょっと確認して欲しい」
    トト「はい、見てみましょう」
    シュー「随分と集めてきたね。やはりエジプトピラミッド内に多いか」
    アヌビス「せっかく戻って来たのだからこちらの様子も伝えておいたほうがいいかもしれないわね」
    ハトホル「かなぁ。ウジャトが一人でピラミッドの奥に入ってっちゃってさ、ちょっと心配なんだよね」
    バステト「ウジャトは魔神と戦いたがってたニャ」
    ネイト「ウジャトならば、一人でも問題ないだろう」
    ヌト「ウジャトちゃんらしいわね。無茶してないといいけど…」
    クヌム「はぁ~…カルカデ、さっぱりして美味しいねぇ」
    ヘケト「緊張感ないわね…」
    モンチュ「まぁ、そこがクヌムのいいところよね~!」
    ナビィ「はい♪ナビィもリラックスしてます!」
    シュー「こちら側としての情報は風に乗せて伝えた通りだ。今の所新しい情報は入っていないが…」
    モンチュ「外の神様の状況はどう?粘土像集めや魔神退治をしてるのよねっ!」
    シュー「そうだな、ネフェルテムとセクメトがどちらが多く粘土像を集められるかで競っているらしい」
    セルケト「あらかわいい。仲がいいのね」
    アヌビス「雰囲気も似ているものね」
    ホルス「お爺さ…ゲブさん。人手が足りてないところって…」
    ヌト「お爺様…フフッ、やだー!ゲブったらまたお爺様って言われちゃってる!もーっ!ホルスちゃんったらかわいいんだから!」
    ゲブ「まぁ、俺はホルスのお爺さんだから間違いじゃないんだけどな」
    ホルス「う…また言いかけてしまった…」
    セルケト「ホルスお坊ちゃま、それ癖なんじゃない?」
    ホルス「恥ずかしいからニヤニヤしないでくれ!」
    モンチュ「…ねぇ、あれは?あれも粘土像ちゃんよね!」
    セルケト「…本当だわ、粘土像ちゃん…列をなしてこっちに近づいてくるけど」
    トト「!本当です。これは一体…?」
    ヘケト「処理が多少雑だけど、この粘土像からは余分な力を感じない…誰かが調整してくれたのかもしれないわ」
    クヌム「でもそれってヘケトのやりかたを知っていないとできないよね」
    ヘケト「うーん。今の所あたししかやれる神はいないと思ったけど…」
    セルケト「ヘケトしかやり方を知らないの?意外と簡単にできそうとか思っちゃってたわ」
    ネイト「力を均一に整えるのは確かに繊細さが必要だろうな」
    ヘケト「そう簡単にできたらいいんだけどね…」
    ネイト「今回の事件を踏まえて、ヘケトの知る粘土像の調整のやり方を誰かしらに伝えておいても良いかもしれないな」
    トト「粘土像の調整がヘケトさんしかできないとなると、ヘケトさんにばかり負担がかかってしまいますしね…」
    クヌム「それは言えてるかも。ヘケト、事件後にトトに教えておけば?」
    トト「粘土像の調整がヘケトさんしかできないとなると、ヘケトさんにばかり負担がかかってしまいますしね…」
    クヌム「それは言えてるかも。ヘケト、事件後にトトに教えておけば?」
    ヘケト「え、トトに?」
    クヌム「うん。トトなら悪用しないだろうし。…あ、でも普段の調整はヘケトだけでね。こういう緊急時の時だけってことで」
    トト「わかりました、楽しみにしてます」
    ヘケト「……まぁいいけど。ちょっとやそっとじゃ覚えられないし、秘伝の技だからメモ取ったり他の神に教えないでよ」
    トト「はい。厳しそうですね…!頑張ります」
    ちなみにこの粘土像を送り出したのはピラミッドの外にいる未来の神々であることは彼らは知る由もない。
    当然ながら粘土像の調整を行ったのは未来のトト様であることも。
    ゲブ「これで皆が持ってきた分は数え終わったかな」
    ヌト「数えておかないといつの間にか逃げちゃってた時に気付かないものね」
    トト「…はい、こちらも問題ありません」
    シュー「君達はまた粘土像探しを再開するのかな」
    モンチュ「アタシは準備バッチリ!いつでも再開できるわよ~!」
    ハトホル「アタシも大丈夫!行けるよー!」
    バステト「よくまぁ元気が有り余ってるニャ…」
    バステト「オイラはもうくたくたニャ~」
    アヌビス「じゃあバステトはお留守番…ということかしら?」
    ナビィ「無理はなさらないでくださいね!」
    ハピ「皆また粘土像探しに戻る形かな。僕もいけるよ」
    ホルス「そうなるかな」
    セルケト「あたしはどうしようかしら…色々と調べたいこともあるのよね、罠のこととか」
    ヘケト「罠?」
    セルケト「ええ。あの誰が仕掛けたかわからない罠…なんか違和感があるのよね」
    ホルス「違和感…?どういうことだ?」
    セルケト「それを確信したいから調べに行ってこようかなと思ってるのよ。わかったらシューを介して伝えるわ」
    シュー「連絡なら任せてくれ」
    セルケト「罠を見つけたら解除しておいて。あたしは解除され済みの罠から調べるつもりだから」
    ハピ「わかった。連絡待ってるよ」
    ハトホル「気を付けてね!動いてないとはいえ危ないものばっかりだったし」
    セルケト「あら、あたしを誰と思っているの?その点は安心してちょうだい。だからほら、早くウジャトの所に合流しに行きなさいな」
    ハピ「わかった。色々とありがとう、セルケト」
  • 【追跡その七 ピラミッドの奥へ】
    バステト様、セルケト様がメンバーからはずれ、再度エジプトピラミッド内部を探索する神々。その面持ちはどこか自信に満ちた様子だ。
    ハトホル「まだ足りてないとはいえ、結構順調に集まってるんじゃない?」
    モンチュ「そうね!この調子で集めきっちゃいましょ!」
    ハピ「まだ調べていないのはさらに奥深く…だけどね」
    ハトホル「大丈夫だって!今までが問題なかったわけだし」
    ホルス「それはそうだ。でも油断したときが一番危ないのも事実…緊張感はある程度あったほうがいいと思う」
    ネイト「そうだな」
    ハトホル「ホルス君ってば真面目なんだからー!ハピもだけど、もっと遊べばいいのに!」
    ハピ「もっと遊べって言われても…」
    モンチュ「まぁまぁ、真面目は悪いことじゃないと思うわ!気を抜くことも大事だけどね」
    アヌビス「気の抜き方は人それぞれだものね。ハトホルの知らないところでハピやホルスも気を抜いているのかもしれないわよ?フフフ」
    ハトホル「えーっ、そうなの?」
    ハトホル「ホルス君、せっかくだから教えてよー!どんなことしてるの?アタシも試してみようかな!」
    ホルス「えっ?えっといや、その」
    ナビィ「ホルス様、頑張ってください~!」
    クヌム「ヘケトも真面目だよね。いつも決まった時間に寝てる俺のこと起こしてくれるんだ」
    ヘケト「な、何よ…当り前じゃない」
    クヌム「でも俺が疲れてるときは見逃してくれるんだ」
    クヌム「そういう日は一日寝かせてくれるんだよね。徹夜しちゃったときとか…」
    モンチュ「やっだぁ~!惚気ってヤツ?んも~う見せつけちゃって~!」
    ヘケト「ちょ、ちょっと!?惚気とかそんなんじゃ…」
    クヌム「?」
    モンチュ「クヌムとヘケトの仲の良さ、アタシはとっても羨ましいわ~!お互いにお互いを補っているようなところがあるの。素敵よね!」
    ヘケト「待ってよ!あたしとクヌムは仕事仲間で…」
    クヌム「うん、仲良しだよね、俺達」
    クヌム「ヘケトと一緒にいると安心するって言うか…俺よりしっかりしてるからかな?」
    ハトホル「ちょっとー!独り身が多い中でそういう話題ずるいってば!」
    ヘケト「だ、だからー!」
    クヌム「あはは、ヘケト今面白い顔してる」
    ヘケト「もーいい!あたし一人で粘土像探すから!」
    クヌム「あ、行っちゃった…ヘケトの表情がコロコロ変わるの、見てて本当に楽しいんだよね。ずっと眺めてられそう」
    ネイト「仲の睦まじいことだ」
    ホルス「クヌムは天然…なのか…?」
    モンチュ「んもうっ、天然もいいところよっ!」
    ハトホル「…あ!粘土像だよ!…やった!捕まえたー!」
    モンチュ「でかしたわ、ハトホル!」
    ハピ「雑談中に現れるとつい反応が遅れてしまうね…」
    ホルス「油断しているってことだからな…」
    クヌム「そういう小さい粘土像も、本当はヘケトにあげようと思ってたんだ。…あちこちに行っちゃったけど。ヘケトってこういうゆるい顔好きなんだよね」
    ハトホル「ふーん…?」
    ハトホル「……ねぇモンチュ、なんとなーくこの気の抜けた表情…クヌムっぽくない?」
    モンチュ「それは思ったわ…ヘケトがこういう顔好きって言っていたけど、無自覚なのかしら…」
    ヘケト「キャーッ!」
    クヌム「あれ?ヘケトの声だ。行ってみよっか」
    ホルス「叫び声だぞ、急がないと!」
    ハピ「何があったんだろう?」
    ネイト「倒れ込んだように見えたが…」
    (ここで背景変化)
    一行が少しばかり奥に居るヘケト様の傍に駆け寄ると、たくさんの粘土像に集られているヘケト様の姿が見えた。ヘケト様は姿勢を崩し、起き上がれなくなっている様子。
    ヘケト「うぅ、重い…!」
    クヌム「ああ~、皆ヘケトからおりてあげて」
    モンチュ「まぁっ、大変!ひきはがさないと…!」
    ホルス「粘土はかなり重たいからな…待っててくれ、すぐに助ける」
    ハトホル「うぐぐ…結構重いっていうか、力がある…!」
    アヌビス「引きはがすのがなかなか大変だなんて思わなかったわ」
    ハピ「本当だ…!結構力が要るね…」
    ヘケト「な、なにが起きたのよー…もーっ!」
    クヌム「この子達、ヘケトのことをお母さんだと思ってるのかも?」
    ヘケト「な、なんでよ!?別にあたし、何も手を加えてないんだけど…」
    クヌム「俺がヘケトに気に入ってもらえたらいいなぁって思いながら作った子ばっかりだから。甘えたいのかな?」
    モンチュ「あら…そうだったの?無理やり引きはがしちゃってごめんなさいね~」
    モンチュ「ヘケトちゃんがつぶれちゃう所だったものだから…順番こでね!」
    クヌム「ほら、みんなヘケトに似てない?カエルを作ったんだ」
    ヘケト「またそうやって恥ずかしいこと…!」
    アヌビス「本当に仲がいいのね」
    モンチュ「……あら」
    クヌム「……」
    ヘケト「……え?」
    アヌビス「……」
    ホルス「ハトホル、少し下がっててくれないか」
    ハトホル「へ?ホルス君、どーしたの…」
    ハピ「……なんだろう、空気がざわついているというか…」
    ネイト「嫌な雰囲気だな」
    モンチュ「金属がぶつかり合う音が聞こえるわ!」
    ネイト「…ウジャトだな。それともう二体…魔神と、それ以外の何者か」
    ハピ「この嫌な気配は魔神ってことなんだね…」
    金属のぶつかり合う音だけではなく、ざらざらと砂粒がこすれる音も耳に入ってくる。魔の力の混じった、邪悪な砂嵐が起きる予兆だ。
    ホルス「この音…セトだ!ウジャトはセトと戦っているらしい」
    モンチュ「風も感じるわね…行きましょう!セトは手ごわいはずよ」
    クヌム「…ねぇネイト。魔神以外の何者かって誰?味方?」
    ネイト「…ネイトのコピシュがぶつかる音と違うな。味方…なのだろう」
    クヌム「じゃあ安心だね、急ごう」
    ヘケト「待って!粘土達は…」
    ハトホル「それならアタシと一緒に守ろう!」
    アヌビス「私もついているわ」
    ヘケト「あ…ありがと…」
    ナビィ「ナビィもちょっと怖いですが…頑張りますよ!」
    ハトホル「うんうん、アタシ達がついてるんだから大丈夫!」
    アヌビス「不届きな輩はミイラにしてあげるわ」
    ピラミッドの奥に踏み入れていくにつれ、戦いの音は大きくなっていく。合わせて現場で起きているであろう砂嵐の風が吹き込んでくる。
    ウジャト「はは!いいじゃねぇか、その辺の魔神よりはよぉ!けど足りねぇ…もっと本気でかかってきやがれ!」
    ホルス「ウジャト!…相手は…やはりセトか!」
    モンチュ「いやん!すさまじい風だわ、目が開けてられないもの!」
    ハピ「こんな悪条件の中でウジャトは戦っているのか…!近づくこともままならないよ」
    ネイト「この風の中、矢も射れそうにないな…止んだ瞬間が狙い目と言うべきか」
    クヌム「ここで矢を射ると自分の方に飛んできそうだもんね」
    ホルス「うっ…砂が目や口に入る…ウジャトの様子はどうなのかもわからないな」
    ヘケト「クヌム!そっちの様子は…」
    クヌム「あ、三人はこないほうがいいかも…この風、相当すごいから」
    ハトホル「なんか音だけでもヤバそうだもん!みんな頑張って!」
    ウジャト「おい、オレの獲物を取るんじゃねぇぞ!」
    ???「ククッ…何を言う。こいつは元々俺が狙っていたものだ、邪魔をしないでもらおう」
    ホルス「この声は…」
    ホルス「セト、居るんだな?!」
    ネイト「この砂嵐の激しさ…そうか、魔神だけでなく神のセトもいるからか」
    セト「なんだ…野次馬が増えたか。まぁいい、あまり関係のないことだ」
    セト「見てのとおりこれは俺の魔神だ。もう必要性を感じないのでな、片付けに回っていた」
    ハピ「シューが言っていたのは本当だったんだ…セトがセトを倒しているって」
    ネイト「確かにややこしい状態になっているようだな」
    クヌム「よそ見してる暇はないんじゃないかなぁ…こっちに向かってくるよ」
    モンチュ「よーし、まっかせなさーい!アタシの炎を見せてあげるわ!」
    (ボス戦)

第6ボス

暴砂の偽王 セト
暴砂の偽王 セト.jpg
HP999
報酬粘土のかけら、ライトエリクサー(行動力回復)
遭遇時再び眼前に現れた魔神、セト。

粘土像が逃げ出した騒ぎに乗じて
暗躍していたのだろう。

ウジャト様とセト様を援護するように
戦闘に加わる!
撃破時セト様はどうやら、この魔神セトを残らず討伐するつもりらしい。
その攻撃一つ一つに容赦はなく、
今度こそ逃がさず討伐することに成功した。

…しかし、気配が収まったわけではない。
粘土像もまだ集めきっていないため、
今以上に魔神達が活発に動き始めるのもおかしくはないだろう。

セト様もまだ警戒を解いていない。
もうしばし、調査と戦いは続きそうだ。

エジプトピラミッド最深部

エジプトピラミッド最深部画像行動経験ジェムその他
 エジプトピラミッド3.jpg-25+25~40+100~250--