ハピ(時空の図書館) の変更点

Last-modified:

#contents()
&ref(hapy.gif,nolink);
**1章 ナイル川調査隊 [#l363be8f]
【プロローグ】
-[[ハピ]]
--僕はナイルの平穏を取り戻したいだけなのに...どうしてこうなったんだろう...いや、君は別に...構わないけど...。

「それでは、よろしくお願いします」

「あぁ、うん。ナイルのことなら任せてよ」

トトとハピと共に、ナイル川にやって来た。

数日前から巷を賑わせている、ナイル川に現れる幽霊船とやらを調査しに来たのだ。

トトはパピルスを構えて、やる気満々だ。

一方ハピは、溜息をついた。

「ナイルの民が不安がっているから、早く解決したいんだ。だから、トトが来てくれたのは頼もしいけど…君達までさ、何してるの?」

「ちょっと~!その疑いの目、ひどいんじゃないの~!?」
モンチュが大げさに騒ぐ。

「ままっ、邪魔しないからさー!アタシは、もし素敵なオジサマが乗ってたら出会いたいだけだから!」

ハピはもう一度、溜息をついた。

賑やかな一行は、ナイル川の調査を始めた。 

//>台詞のパターンがいくつあるか分からないので箇条書きにしています。
【コンパス選択前】
-今日は、トトと静かに調査ができると思ったんだけどな...
--後ろであれやこれや妄想しているモンチュとハトホルを見て、ハピがため息をつく。
-あぁ。やっぱりナイルはいいね。落ち着くよ。
--ナイル川を見ながら、ハピは微かに笑顔だ。
-
--
-
--

''運命の選択発生!''
-モンチュの言ってることがわからない?別に、構わないと思うけど...
--トトに質問されて、ハピが困惑した様子だ。
-幽霊船と戦うこと…か。そうだね、そういうこともあり得るか…
--万が一のことも考えよう、と提案すると、ハピは...

【コンパス選択後】大大大成功:好感度350UP・エンドウ豆1個入手/大成功:好感度200UP/成功:好感度100UP
//>通常は結果ごとに3パターンの様です。

今日は、トトと静かに調査ができると思ったんだけどな...~の後:
-べ、別にトトと二人で調査したいとか、そんなこと言ってないじゃないか。モンチュみたいなことを言わないでよ…。
--もしかして、と指摘すると、ハピはむっとした。逸らした横顔が赤い。(大大大成功)
-いや、君はいいんだ。騒がしくないし…頼りになると思ってるよ。(大成功)
-別に、モンチュやハトホルが嫌いなわけじゃないよ。いいところもあるし...。(成功)

あぁ。やっぱりナイルはいいね。落ち着くよ。~の後:
-ナイルのことを話すと僕が嬉しそうだって?そ、そうかな…でも、実際嬉しいよ。君も気に入ってくれたら、もっといいな…。
--もうお気に入りだ、と答えると、ハピはさらに嬉しそうにはにかんだ。(大大大成功)
-君もそう思う?やっぱりね。君とは気が合うな。(大成功)
-...この後ろの騒がしさがなければ、もっと格別なんだけどね...。(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

''運命の選択発生!''
モンチュの言ってることがわからない?別に、構わないと思うけど...~の後:
-やっぱり知らなくていいことだよ、トト。…君も、教えなくて良いよ。
--トトに聞かれたので説明しようとすると、ハピに止められた。(大大大成功)
-あ、ほら、君、教えてあげてよ。物知りじゃないか、君も。(大成功)
-メモしておく必要ないんじゃないかな。(成功)

幽霊船と戦うこと…か。そうだね、そういうこともあり得るか…~の後:
-戦うのは好きじゃないけど…でも、君のことは守る…い、いや、何でもないよ…民は必ず守るって言ったんだ…。
--礼を言う前に、ハピは視線をそらしてしまった。(大大大成功)
-ナイルの民を傷つけるなら、僕だって黙ってないよ。(大成功)
-...モンチュがいるから、大丈夫なんじゃないかな?(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

【コンパス選択なしの画面】
-ハトホル...トトにいい加減なこと言っちゃダメだって。オシリスまで報告してしまうよ。
--ハトホルの、素敵なオジサマがいるかもしれない話を真剣にメモするトトを、ハピがそっと止めている。
-まぁ、ナイルのことなら任せてくれていいよ。...トト、そんなに褒めなくていいから。
--トトが、ハピがナイルについていかに様々に思いを巡らせているか語ると、ハピは恥ずかしそうにそれを止めている。
-賑やか...そうだね、賑やか...いや、騒がしいよ。
--なぜか嬉しそうなトトに、ハピは複雑な表情を浮かべた。
-
--

【エピローグ】
-ハピ
--ちょっと、トト、あんまり近づいたら危ないよ。君も、あんまり乗り出さない方が...

突然、周囲に霧が立ち込める。

そして、トトがゆっくり川を指さした。

「もしかして…あれが幽霊船ですか?」

トトの指の先には、霧の中、不気味に浮かび上 がった朽ちた船。

「ほんとに出てきちゃったの~!?どうしましょっ!可憐なアタシ、さらわれちゃう!?」

「モンチュは少し黙っててよ。…ハトホルもモンチュに静かにって言って…ハトホル?」

「うっそ!?何これー!?」

ハピと共に振り向くと、ハトホルの足元に不気味な ブラックホールが空いていた。

慌てて助けようと手を伸ばすが、間に合わない。

ハトホルは黒い穴に吸い込まれて消えてしまった。 


-アイテム獲得
--コブラの丸焼きを1個手に入れた!
----
**2章 幽霊船へ! [#de730c78]
【プロローグ】
-ハピ
--戦うのか...僕、戦うのは好きじゃないんだけどな...。もちろんハトホルを助けるために、やるよ。

「ハトホルが幽霊船にさらわれただと!?」

トトから報告を受けたホルスは、立ち上がった。

「今まで実害はないと静観していたが、仲間が捕まったとなれば話は別だ。すぐに討伐に向かう!」

こうしてホルス、トト、ハピと共に、再びナイル川へ やって来た。

トトの集めた情報を元に、幽霊船の観測された地点を追いかける。

ある地点にやって来た時、ハピがぴくりと眉を動かした。

すぐに、周囲に濃い霧が立ち込める。

「先程と同じ霧です!」

トトの声に呼応するように、川に朽ちた船が再び現れた。

「乗り込むぞ。…いいか?」

ハピとトトもうなずき、一行は幽霊船へ飛び乗った。 


【コンパス選択前】
-やっぱりモンチュを連れて来た方が良かったかな。
--魔物と何戦か交えた後、ハピがぼそりとつぶやいた。
-トト!あぶなっ...
--飛び出した木の板につまづいて、トトが転びかけている!
-っ...!こ、の...!
--魔物からの攻撃を避けた瞬間、ハピの身に着けていた宝石が吹っ飛んだ。
-
--
-
--

''運命の選択発生!''
-...君、寒いの?震えてるじゃないか。
--ハピに言われて、確かに寒さに震えていると気付く。
-魔物が来た。気をつけて。
--正面から迫り来る骸骨戦士を迎撃する。

【コンパス選択後】
やっぱりモンチュを連れて来た方が良かったかな。~の後:
-?モンチュのこと、頼りにしてるよ。…待って、モンチュには誤解させるような言い方はやめてよ。ものすごく抱き着かれそうで…
--そう言って、ハピは自分の肩を抱いて震えた。(大大大成功)
-ホルスも十分強いよ。信じてるさ。でもこの船は底が知れない...(大成功)
-何か起きてからじゃ遅いからね。(成功)

トト!あぶなっ...~の後:
-トトを助けてくれてありがとう…って、君が怪我してるじゃないか。ちょっと見せて。
--トトを助けたが、その時壁ついた手のひらに木のささくれによる傷ができていた。ハピに手を掴まれる。(大大大成功)
-あぁ、ホルスが助けたのか。良かった...えっ、残念そう?僕が?き、気のせいだよ...(大成功)
-あぁ...痛そう。大丈夫かい?待ってて、すり傷に効く薬、持ってるから...(成功)

っ...!こ、の...!~の後:
-
--(大大大成功)
-…あれ、最近のお気に入りだったんだ…君が新しいのをくれるって?ほ、本当?いや、くれなくてもいいよ、見せてくれるだけでも…
--今度アクセサリーを持ってくると言うと、落ち込んでいたハピの目が輝いた。(大大大成功)
-トトはどうして、僕が宝石を失くした回数まで記録しているんだろう…は、恥ずかしいじゃないか…(大成功)
-暗い所に...いや、もういいよ...見つからないだろう...(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

''運命の選択発生!''
...君、寒いの?震えてるじゃないか。~の後:
-僕は大丈夫だけど…手を繋ぐ!?…手、手か…それで、き、君が暖かくなれるなら…どうぞ…
--ハピはそう言って、手を差し出してくれた。顔は明後日の方向に逸らされたままだった。(大大大成功)
-え?大丈夫だって?無理しちゃいけないよ。自分の体、大事にしないと。(大成功)
-どうしたらいいかな...ここじゃ、羽織れるものもないし...(成功)

魔物が来た。気をつけて。~の後:
-全部倒したのかい…?さすがだ…君の強いところ、頼もしいな。神である僕が言うのもおかしいかもしれないけど。
--何とか骸骨戦士を倒すと、ハピが感心したようにそう言った。(大大大成功)
-っ...!?き、君、大丈夫かい...?まさかあの攻撃を正面から受けるとは...ある意味勇敢だな...(大成功)
-くっ...援護するから、一気に片付けよう。(成功)

【コンパス選択なしの画面】
-ハトホル、どこだろう...無事ではあると思うんだけど...。
--ハピは冷静に周囲を観察しているが、どことなく不安そうだ。
-嫌な気配ばかりだ。気が滅入りそうだよ。
--ハピの言う通り、船内は嫌な空気に満ちている。
-トトは熱心だな...感心するよ。
--しきりにメモを取っているトトを、ハピが驚いて見ている。
-
--
-
--

【エピローグ】
-ハピ
--気をつけて。この辺り、床が傷んで...

骸骨達と戦いながら船内を進んだが、ハトホルを見つけることができない。

「それにしてもこの船...この気配...死者というより、魔物だな...」

ホルスの言葉にうなずいた、その時。

「わ!」

「トト!?」

「どうした、トト!」

トトの叫び声に振り向くと、朽ちた床を踏み抜いてしまったトトが落ちていく。

咄嗟に手を伸ばして手を掴むが、重力に逆らえない。

逆の手をハピが掴むが、ハピの立っていた床までも抜け...一緒に落ちてしまった。 


-アイテム獲得
--キングコブラの丸焼きを1個手に入れた!
----
**3章 共同戦線 [#bb82e387]
【プロローグ】
-ハピ
--きっと大丈夫だよ...トトの提案だ。僕も...その、がんばる。

ホルスと別れてしまい、魔物から身を守りながら進む。

「随分進んだと思うんですが...」

トトがつぶやいた、その時。

「無事だったか、お前達!」

安堵の表情を見せるホルスと...なんと、セトが現れた。

「あの、ホルスさん、これはどういう...」

「説明は後だ!疲れているところすまないが、すぐに協力してくれないか?」

ホルスは、ハトホルを見つけたが再び魔神に捕らわれてしまったこと、その魔神を追っていることを話してくれた。

「...ここは相手のテリトリーなんだ。闇雲に探すのは無理が...」

ハピが渋い顔をすると、トトがあっと声を上げる。

「あの、こういう作戦はどうですか?」

トトの作戦は簡単に言うと、ホルスとセトで魔神を囲い込み、甲板へ誘い出し、そこをトトとハピの力で足止めし、とどめを刺すというものだった。

「...よし、それでいこう」

ホルスが了承する。
「今日だけだ、付き合ってやろう」

セトはやれやれと首を振っているが、協力はしてくれるようだ。

こうして、トトとハピと共に甲板を目指すことになった。 


【コンパス選択前】
-トト、大丈夫かい?疲れた?
--息が上がっているトトを、ハピが気づかっている。
-しっ...何かいる、そこの角...
--先に進もうとすると、ハピに腕を掴んで止められた。
-これ、やっぱり幽霊船なんかじゃないね、多分。
--ハピが、とある一室で見つけた大きな箱を開けながら言う。
-こうしていると...魔神に封印された時のこと、思い出すな。
--そう言って、ハピは嫌そうに顔をしかめた。
-
--

''運命の選択発生!''
-...どうしたの?そんなに僕の顔見て...
--ハピの顔をじっと見つめる。
-面倒なことになったね...。
--狭い船内の通路、前後を魔物に挟まれてしまった。
-
--

【コンパス選択後】
トト、大丈夫かい?疲れた?~の後:
-
--(大大大成功)
-もう少しだと思う...がんばろう?(大成功)
-無理しちゃダメだよ。(成功)

しっ...何かいる、そこの角...~の後:
-
--(大大大成功)
-僕の気配読みを信頼しているって?あ、ありがとう...ほ、ほらやっぱり、魔物が来たから、戦わないと。(大成功)
-...ごめん、通り過ぎて行ったみたいだ。こちらには来ないな。(成功)

これ、やっぱり幽霊船なんかじゃないね、多分。~の後:
-幽霊船なら宝とかありそうだけど…珍しい宝石なら、見たいな…いや、別に、たまたま見つけたらの話で…
--ハピはどことなく落ち着かない。わくわくしているようにも見える。(大大大成功)
-幽霊船だったら、宝くらいありそうなものじゃないかな。(大成功)
-どっちだっていいんだけれどね。とにかく解決したいな...。(成功)

こうしていると...魔神に封印された時のこと、思い出すな。~の後:
-でも、もう負ける気はしないよ。今は君が一緒なんだ。負けるわけにはいかないだろう。
--ハピはそう言って、かばうように前に立ってくれる。(大大大成功)
-でも、封印されなければ君に会えなかったのかな...そう思えば、いいこともあったかな、とか...(大成功)
-嫌な想い出だよ。僕達にとっては。(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

''運命の選択発生!''
...どうしたの?そんなに僕の顔見て...~の後:
-!?な、何?…あ、顔が汚れてる…?だい、大丈夫だ、自分でふけるから…。
--ハピの顔が汚れていたのでぬぐおうとするが、驚かれてしまった。ハピは動揺している。(大大大成功)
-今は作戦に集中...顔が汚れてる?あ、あぁ...大丈夫だよ、後で。(大成功)
-今は作戦に集中した方がいい。(成功)

面倒なことになったね...。~の後:
-後ろは僕に任せて。君は前を…大丈夫、君になら背中を任せられるから。
--そう言うハピの背中は、どことなく大きく見えた。(大大大成功)
-トト、無理しないで。頭突きはちょっと...ハトホルならまだしも...(大成功)
-とにかくどちらかだけでも倒して...切り抜けて...(成功)

~の後:
-
--(大大大成功)
-(大成功)
-(成功)

【コンパス選択なしの画面】
-こんな三人きりに、あんなに多勢で...ひどいな。
--ハピはそうつぶやきながら、水の魔法であっという間に魔物を押し流した。
-トト...こんな状況でも冷静なんだね。
--パピルスにメモした道を案内しているトトに、ハピが驚いたようにつぶやく。
足元、気を付けた方がいいよ。さっきみたいに落ちたら嫌だからね。
--そこが腐りかけだよ、とハピが指示してくれた床を避けて歩く。
-
--
-
--

【エピローグ】
-ハピ
--魔法を...いや、ハトホルに当たる...仕方がない!

トトとハピと共に甲板で待ち構えていると、魔神...ではなく、ハトホルが扉を開けて飛び出してきた。

「ハトホルさん!」

トトの声に気付いたハトホルは、泣きそうな顔だ。

「やっと会えたー!」

しかし、走り寄ってくるハトホルのすぐ背後に揺らと揺らめく影。

「させないっ...!」

現れた魔神に、ハピが突進する。魔法で攻撃するには、ハトホルが近すぎた。

しかしアクウは手の一振りでハピの体は宙に飛ばされてしまう。

アクウがさらに、ハピに飛びかかった!...が、その攻撃は届くことはなかった。

ホルスの蹴りが、背後からアクウの撃墜する。

「仲間にこれ以上手出しはさせない!」

そして怯んだアクウの下には、不敵に笑うセトの姿があった。

「散れ」

セトの杖から、竜巻が巻き起こる。竜巻は魔神の体を弾き飛ばした。

アクウは川へ真っ逆さまに落ちて行き...そのまま上がってこなかった。 


-アイテム獲得
--想い出のハチミツパンを1個手に入れた!
----
**エンディング [#g924c30f]
-ハピ
--やっぱり静かなのがいいな、ナイルの流れは...。君とこうして、散歩することもできて...あ、いや、何でもない...。

幽霊船騒ぎは収まり、エジプトに再び平和な日々が訪れていた。

ハピは平穏なナイルのほとりを、満足そうに歩く。

事件の時は大層な活躍だったではないかと告げるが、ハピは恥ずかしそうに眼をそらしてしまう。

「僕なりに出来ることをやっただけだ」

「それにしても...」

ハピは川面を少し残念そうに見つめる。

「海賊船だ幽霊船だってハトホル達が騒ぐから...珍しい宝石でも出てくるかと思ったけど、そんなことはなかったね」

宝石が欲しかったのか、と聞くと、ハピは少し動揺して言いよどんだが、やがて諦めたように口を開いた。

「君に似合うものがあったら...と思っただけさ」

-アイテム獲得
--トト&ハピ限定写真を1個手に入れた!
[[時空の図書館]]
----